怪獣モラトリアム

作者 亜未田 久志

ある日、等身大の青春が、怪獣サイズに膨らみだした。

  • ★★★ Excellent!!!

淡々としつつも切なげな三人称により小気味よく綴られる場面達は、変わり映えしない、けれど失えば寂しくなるだろう等身大の青春を丁寧に紡ぎ出す。

そんな愛おしい日常の中に突如放たれる異分子、怪獣の顔や謎の少女の言葉などがゆっくりと、しかし着実に主人公達の生活に影を落とし始める。

その先に待つものとは何か。
日常は守られるのか。

答えはあなたの目で確かめてください。
また、怪獣等に興味のない方も是非触れて欲しい作品です。
きっと期待を裏切ることはないでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

hugoさんの他のおすすめレビュー 7