LycoriTH――リコリス――

作者 有澤いつき

74

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 同性愛の要素がある小説等は苦手で読んだことは無かったのですが、それが苦手という理由だけで、この小説を読まないのは惜しいと思いました。
 勧善懲悪、というような、圧倒的に分かりやすい話では無く、リコリスという生物の本能と己にある愛や信条によって生きている者同士の、生と死を分かつ激しいぶつかり合いが、見所だと思います。かと言って、創作されただけのイカれたキャラクター達ではなく、彼女らには脳があって心臓があることを、私は感じました。
 作者さんが(描写を)表現する、オリジナリティー溢れる文章を楽しむのも、この小説の魅力の一つであるでしょう。

★★★ Excellent!!!

男性の血を好物とする少女たちを「リコリス」と呼んだ。
そんな彼女たちが支配する都市「トウキョウ」は、かつての首都の姿は消え、廃墟と殺戮の場所となった。

そんなトウキョウで好き勝手に生きるリコリスたち。
チェーンソーを振り回し、愛する人間と友に勝手気ままに過ごすドロシー。
強さを求め愛刀と共に同族を狩るクロユリ。
狂った都市で理想の王国を作ろうとする有栖。

一見すると可憐な少女たちの内に潜んだ狂暴性。
それは本能というものであり、少女たちが求めるものはそれぞれ違う形をしています。
頭で考えるよりも心で感じたままに動く。社会という枠に収められた人間たちに与えられたある種の解放なのかもしれません。
それが良いのか、悪いのかは賛否両論あるのでしょうが、少女たちにとって他人の意見など、どうでもいい。だからこそ可憐であり、爽快なのだと思います。

廃墟となった都市で少女たちが繰り広げる戦い。
どうぞ、その結末をご覧ください。

★★★ Excellent!!!

政府から見捨てられ、女であって女でない、異質な生き物リコリスが支配する都市、トウキョウ。
荒廃したビルの間で、今日も紅い花が咲く――。

リコリスの少女ドロシーと彼女の恋人である里砂の二人を主軸に、さまざまな人物が絡んで織りなす群像劇です。

淡々と織りなす文体が描く、さまざなま欲望を抱えたリコリス達の姿は艶やかで、魅入られたらどんどん読み進めてしまいます。
レイティングの関係上、好みがわかれるところではあるかと思いますが、文章のせいか、私自身はそれほどスプラッターだとは感じませんでした。

己の欲望を胸に、紅く、艶やかに咲き誇るリコリス達。
彼女達の生きざまに、ふれてください。

★★★ Excellent!!!

荒廃した東京を舞台に、人を殺し糧とする少女達による郡像劇です。

他の方がおっしゃるように、エログロバイオレンスは多めです。しかし、こういった物特有の陰湿さや痛々しさはあまりなく、良く切れる刀でスパッと切ってしまうかのような、ある種の爽快感さえある物でした。

普通、こういった“社会が崩壊した無法地帯”で好き勝手やるのは男の印象がありますが、ここでは人外の力を持った少女達。それ故にとてつもない魅力を放っています。

現代社会からすれば、狂気としかいいようがない彼女達の持つ理念も、人ではない物になってしまったことで理性が飛び、社会が崩壊したことで常識が消滅した結果の“信念”というほどにしっかりしています。

全体的に漂うインモラルで退廃的、刹那的で危うい雰囲気もたまりません。

まずは冒頭をぜひ。ここで引き込まれてしまえば、麻薬のように次の話へと手を出してしまいます。

★★★ Excellent!!!

※こういった方にお薦めです
□グロエロバイオレンスが好き
□可愛くて元気いっぱいな女の子が好き
□とにかく蹂躙されたい街が崩壊してほしい
□美女が好きだけどいちゃいちゃしているのも好き
これらを存分に味わえるのが「LycoriTH」です。

 「セルフオールレイティング」「スプラッター」等の注意書きよろしく、血染めで鮮やかな世界観、寿命が三行ほどで尽きたり三行で情事に耽るような過激かつ刹那的な文章、そして血を浴びながらも自我を強く持ち続ける「化物」であり「人間」の少女達。どれもこれもが刺激として読者を魅了とさせます。

 タイトルは訳すると「彼岸花」です。手を出してしまいたくなる程に妖艶な毒花、それを比喩として怪物と恐れられる突如として生まれた生命体の「リコリス」。彼女達の赤は血を求める者として、または鮮烈な生を求めるものとして、あるいは何かに求められる者として周囲を翻弄させます。

 それは激しいのだけれど、「切なく儚い」のです。
時に、彼岸花は花は咲くが実を結ばない「徒花」であることも知られています。リコリス達により欲望と衝動の街と化したトウキョウ、そこで彼女達は日夜激情を振りまくけれど永遠ではない。多様な「異常」も「狂気」も、生きるものとして終わりはいつか訪れてしまう。それと隣り合わせになりながら、彼女達は生きています。残虐の裏で育った純粋を抱きながら生きています。それを見てしまう度に、恐れ多くも最期まで魅せてほしいと願うばかりです。
 死と隣り合わせで輝きと鮮烈に生きる彼女達、酔いしれながら生き様を見届けたいです。

★★★ Excellent!!!

突然変異で生まれた現代の吸血鬼『リコリス』たちが生きる残酷だけれど美しい世界を描いた物語です。
圧倒的な力を持っている彼女たちが生きていけるのは、荒廃したトウキョウという籠の中だけ。
緩やかに、けれど確実に衰退していく小さな世界でリコリスたちは、衝動のまま生きています。

残酷に、官能的に、そして時にほっこりとした筆致で描かれる彼女たちが織りなす群像劇。
あなたも一緒にトウキョウの街を覗いてみませんか?