エリクサー

カント

本編

 彼女は食べられた。僕の目の前で。




 彼女は足が不自由だった。いつも「歩いてみたい」と言っていた。だから僕は文献を漁り、複数の死骸と薬品を煮詰め、発酵させて、青い透明な霊薬を造った。


 意外にも、厭な臭いは一切無かった。


 小瓶に入れた薬を手渡すと、彼女は一息にそれを飲んだ。直後、彼女は咳き込み、何か黒い液体を吐いた。


 僕は見た。ベッドの上で黒が瞬く間に膨れ上がる様を。それは彼女の左腕を喰い千切った。次に頭を、最後に全身を。


 黒はうねうねと蠢き、やがて人の形を取った。そして彼女の姿となった。ベッドから降り、歩いて、はしゃいだ。僕は思った。




 いまの全てを、夢と思える薬が欲しい。






 真っ黒な瞳で、彼女が僕を振り向いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

エリクサー カント @drawingwriting

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画