十年先の庭で待ってる

作者 平野真咲

タイムリープ!秘密の庭!想像を超えたラスト!!

  • ★★★ Excellent!!!

『僕は秘密の庭に行くことが好きだった。』

物語の冒頭から何か不思議な世界に誘われる予感がしました。

少年だったある日、タカユキはその庭で見知らないお姉さんに出会います。

恋愛物?と思って読み始めましたが、想像の上を行くストーリー展開に驚かされました!

「タカユキ君、十年先の、庭で待ってる」
——秘密の庭で出会った彼女の言葉に込められたサプライズは、物語の最後にわかります。

今もまだ作品の余韻に包まれています!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

@cypressさんの他のおすすめレビュー 321