せめて太陽が沈むまで

作者 水城たんぽぽ