雪の朝

作者 you

96

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

前編後編の2部構成の短編です。前編は冬の物語、後編は春の物語。

前編でほんの少しの謎が残されており、それが後編に明かされた時、「そうだったのかー」と、思いました!
まるで春になり雪が解けるかのように、スッと謎が解けて、真実が現れます。

ほっこりと温かい気持ちになりました。
穏やかで優しい物語です!

★★★ Excellent!!!

共に祖父母の住む田舎を訪れたことで出会ったふたり。
冬生まれの夏彦くんと楓ちゃんはあっという間に意気投合しますが、互いに芽生えた淡い気持ちはそのままにお別れしてしまいます。

ふたりが再会する時に、びっくりな事実が明らかに!

けれど、全編を通してとても可愛らしく幸せな雰囲気に満ちているので、そんな衝撃も心地よくしかありません(^^)
小さな砂糖菓子みたいな味わいの掌編です。

★★★ Excellent!!!

前編(男視点)と後編(女視点)の二話構成で描かれた恋愛短編です。

町外れの山奥の限界集落。年末年始の二週間、家業の手伝いで訪れた前編の主人公は一面雪景色の中で、ある女性と出会う。

彼女は後編の主人公なんですが、良い感じに謎があり、のほほんと温かい雰囲気な恋愛ストーリーの中に引っ掛かる面白みがあります。

そして、その引っ掛かる不思議な感覚が後半で判明する爽快感。

読んだ人はこう展開するのか?!っと唸ることでしょう。
ふわりと書かれた文章に込められた真相。

短編作品なので読みやすい上に、読み返すこと間違いなしの作品です。

是非、読んだ後にもう一度読んでみて下さい。

サラっと読み流していた部分の奥深さ、作者さまの巧みな技法は必見です。

★★★ Excellent!!!

 結末にまさか!がくるのは短編の面白さと私は思うのですが、そこに到るまでの道なくしてその面白さが引き立つことも無しとも思うのです。
 この作品は、一話目から丁寧な描写と、思わず頭の中に思い浮かんでしまう楽しげなやりとりに、心温まりつつも、二話目の展開にひきこまれ、そして見事な着地でホッとする、そんな素晴らしい短編です。
 是非、皆様も読んでみてくださいね!オススメです!

★★ Very Good!!

舞台は冬。それでもとても心が温かくなる、これはそんなお話です。
出会いというのは不思議なもので、「もはや運命では?」という出会いも少なからずある。この出会いは、その類の出会いなのでしょう。
運命の出会いというものには、運命の再会がつきものです。さて、2人はどんな再会をしたのか?
是非、読んで体験してみて下さいね。

★★★ Excellent!!!

短編とは思えない情景描写の先に、ちょっとした恋心を抱いてしまった様子が描かれるお話です。
まるでこれから長編が始まりそうなくらい描写がしっかりしていて物語に引き込まれてしまいます。

はてさて、そこで出会った彼と彼女。
ちょっと好きになっちゃった彼は再び彼女と出会うことが出来るのかな!?
とりあえず犯罪者として突き出されないことを願おう!!