夢の灯台

作者 あさって

35

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

夢という言葉が、現と対を為す幻想や滑稽な妄想を指す一方で理想や目標をも指すということを思い出しました。逃げ込む先でもあり理想の到達点でもあり。
夢ならではの荒唐無稽さと軽妙な言葉遊びに楽しく翻弄されていたかと思えば、最後気がつくと憑き物が落ちたようなスッキリとした気分になっていました。好きです。

★★★ Excellent!!!

とてもよかったです。
何が現実で、何が夢であるかといったことは途中からどうでもよくなり、物語の揺蕩に脳味噌ごとあずけ、楽しみました。
統合が失われそうな自我の様子も、ちょくちょく挟まれる軽妙なやりとりも、どちらもとてもよかった。そして夢うつつの末に手にした確かなメッセージは、読み手である自分を、今日から励ましてくれるものでありました。
ああ、とてもよかった(大事なことなので三回言いました)。