僕が彼女を見つめる時、彼女もまたこちらを見つめているのだ。

作者 大石 優