愛の伝道師うみ ~必殺バイブレーションフィンガーでワルい女どもにラブ&ピースを教えるぜ!~

作者 結城藍人

66

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

書くことを楽しむ!
ギシギシぶつかり合って、力が入って、肩が凝って。そういう気分になりがちですが……書くことって、もっと自由で楽しいじゃん!そんな大切なことを思い出させてくれる素敵な作品です。
何がどう素敵か?それは見てのお楽しみ……ぜひ皆様の目でお確かめください♡きっと肩こりスッキリです!(笑)

★★★ Excellent!!!

最初から最後まで笑いっぱなしでした。
ふざけてるのか、マジメなのかよく分からない感じですが(笑)
怒濤の勢いで押し切られてやられました。
ある意味これぞWEB小説!
何か肩の力が抜けてスッキリしました。
たまにはこういうのも、いいですねえ。

★★★ Excellent!!!

花街は美しい地獄。
百花繚乱の花々は泣きながら咲き誇る。
愛を忘れ、強く、したたかに。
そうでなければ生き抜けない。
それが定め。

享楽都市ネオヨシワラ。
そこにも、そんな女がひとり。

男は悲しい女を救い上げることが出来るのか。
その、鍛え抜かれた左手で以て――


……っていうお話。
多分……
きっと?
うん。おそらく(笑)

★★★ Excellent!!!

ああ!

愛の伝道師うみ様!

私のところへもいらしてくださいね。

ネオヨシワラで可哀想な、ぴしー、あーれー。

今、酷い目に、あーれー。

それは、冗句ですが。

愛の伝道師様!

世紀末にあなたの立ち寄るところになりたい。

ぜひ、笑ってご一読ください。

★★★ Excellent!!!

 時は未來! サイバネティック技術が発展したヨシハラで一人に男が起ち上る!!

 「左手にバイブレーション! なぜ右手じゃないのかって?それはきっと右手は恋人だからさ! もしくは右手はマウスクリックでお留守番さ」

 サイバネティックセクシャルアクションの決定版(?)

 私はなんで酒に酔って創作に悩んでる時にこの作品を見つけてしまったのだろう・・・・。