景色が消えるその前に。

作者 星崎ゆうき

27

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ハルとメルが活き活きとしていて、物語の世界に入って行きやすかったです

電子ピアノが壊れた場面は、設定の説明と物語の進行が一緒になってるのかな、なんて思いながら読みました

あと教会の作りなんかは、冒頭からラストに向かってパスされたみたいで
それに二人の関係性を表すようでちょっと好きになりました

★★★ Excellent!!!

その瞳に移る風景はどんな色をしていたのだろう。

消えゆく世界を。
誰が、決めたの。
本当ならそれは。
決められない事。

正義ってなんだろう。
正しさとは、どこに。

その祈りと歌声が届くことを、私は願い、そして信じたいと思います。
美しさと鋭さと切なさと、本当に本当に素敵な物語でした。
ありがとうございます!




きっと大丈夫。

メルの囁き、ハルへ届け――。