【WEB版】異世界覚醒超絶クリエイトスキル (旧題:生産加工スキルが超有能だったので、裏から世界を牛耳ってみました)

作者 たかた

2,498

969人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

童貞 ヘタレ 中々進まない恋愛観 この視点は面白くもあり 飽きも出てきます
 あまりにも常軌を脱する恋愛観ではなく 一夜の過ちなどの一般視点の自然な流れの方が読者は引き付けられるのでは? また冷酷な一面 冷酷な選択をしたから後悔の一面 人間模様の様々な一面があればより引き付けられると思います あまりにも善人過ぎるとネタバレになるのでは? 今後書籍するうえで能力がインフレ化しない程度に向上させ新展開を期待します

Good!

読み易さはレベル的に高く、ストーリーも悪くはない。
但し、読者としてタイトルイメージに固執していたので
期待していた錬金や生産加工のシーン
(特にレベル上げ・技術習得・下積み時代)が
殆どないのと主人公が最後まで戦う手段がなかったこと
ですっきり読み切れなかった部分がある。

★★★ Excellent!!!

能力を愛するのか、人を愛するのか、何故だか分からないこともあるだろう。人は人を見ようとするが、能力が先立つ。人は人を取る、能力を見る、その他に盲目となる。コピーはそんな感じですね。
テンポはややスローな印象で、バトルでミデアムまで加速し、どんどん引き込まれる。RPGにおいて、生産加工は軽視されがちですが、よく考えて見るととても大切ですね。そこが分かっているところが特筆される。スキルを割り振る時に、しまったと思うことがあります。
ぼっちだった僕は、集団無視されることがよく分かっています。既視感を感じます。
構成力が素晴らしく、尻上がりの物語なので、これからが凄く期待される。

★★★ Excellent!!!

物語のテンポも良く(142話まで)一気読みさせていただきました。
キャラクターも個性的でストーリーも異世界物としてはある意味王道的なので面白いです…が、元クラスメイトへの復讐はもう少し盛ったほうがよかったかな…せっかく30人もいるのに敵対しているメインキャラは2人とかもったいなさすぎだし、そのイジメっ子達を討伐するにも、もっと大きな理由(魔物的な存在になってたとか)があった方がもっとスッキリしたかな…と思いました。でもそうならなかったのは後々ストーリーに関わってくるのでしょうか?ラスボス的な雰囲気の奴が1人残ってますし楽しみです。

★★★ Excellent!!!

最近は異世界における生産加工職人が流行となっておりますが、大まかに分類すれば今作もその一つでありましょう。しかし、これまでの生産加工は大抵が不遇職として罵られるのに対し、此方は当初から有能職として輝いている点が大きな違いであります。
そして主人公が直々に戦ったりするのではなく作業によってレベルアップするという特殊設定によって、無理な戦いをすることなく順当に成長していくという今までにないパターンに目から鱗が出ました。
また物語もポンポンと進んでいくのでストレスを感じることなくスラスラと読め、正にこれぞライトノベルというお手軽感がございます。
生産・加工系の異世界小説に興味をお持ちの方は、是非こちらの作品を一読してみてくださいませ!