だんだん恋におちていく

作者 北極ポッケ

私、篠塚家の洗面台になりたい

  • ★★★ Excellent!!!

次点、かがり町高校2年A組の黒板になりたい……

そして、美形(現役、あるいは、セピア色の元美形)なのになんともいえず残念な男たちのやりとりを、そっと、邪魔することなく、見まもり続けたい。

さらっとした語り口だけど、もの足りなくないのは、絶妙な会話と北極ポッケ様の言葉選びの妙にあるのかも。それから、ごほうび的な小ネタも忘れちゃいけないな。(今の私は、遅ればせながらイースター「たまご」探しに夢中)

ファンの方々とポッケ様のコメントでのやりとりも濃厚なのにほのぼのと楽しく、一話一話コメント欄までじっくりと読みいってしまいます。自信をもって「尊い」と言える一作。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

西フロイデさんの他のおすすめレビュー 255