図書館暮らし。

作者 宇部 松清

38

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ゆったりとした二人の時間とやり取りが、多幸福感へと繋がっていきます。
二人の視点がそれぞれ分かれているので、読み進めていくと彼らの思いやりが伝わり、より温かい気持ちになれました。
最終話での、図書館と本についての独白がとても好きで、私が本を読む理由について示してくれたように感じられました。