第一幕 THE GOD'S ADVENT《018》

 万雷の拍手が蒼天に高く響き渡る。色とりどりの花が舞い、歓声が舞台上の4人へと降り注いだ。

 神々が住まうアースガルズ。緑豊かな大地に佇む荘厳な神殿前のステージで、賞賛を一身に受ける彼らは、観客に一礼すると、手を振りながら舞台を降りていった。

 神殿に入ってもなお、4人を求める熱狂的な歓声は続いている。


「トール様」

「ん?」


 呼び止める声に、最も体格のいい青年――トールが振り返る。それに続くように、残りの3人も足を止めた。ゆったりとした足取りで近づいてくるのは神官の1人だ。恭しく4人に礼をすると、目を伏せつつも用件を口にする。


「オーディン様がお呼びです。公演が終わり次第、館にいらっしゃるようにと」

「ああ。すぐに行くと伝えてくれ」

「かしこまりました。」


 神官は再び頭を下げると、来た時と同じゆったりとした足取りで去って行った。


「オーディンが呼んでるって? めんどーな話じゃねーだろうなっ」


 いち早く怪訝そうに眉根を寄せたのは、勝ち気な顔をした少年、ヘイムダルだった。


「てか、なんでいつもいつもトールに言うんだよ。リーダーはオレだぞ!」

「はは。単に俺がでかくて目立ったってだけだろう。カッカするな、ヘイムダル」

「でも、急にお呼びになるなんて……よくないことでもあったんでしょうか?」


 精緻なガラス細工のように美しい顔の少年、バルドルが、声に愁いを滲ませる。その隣で、長い前髪の隙間から冷ややかな表情を覗かせたブラギが、淡々と言葉を発した。


「……また、何か面倒なことを思い付いたんじゃないですか」

「ブラギ。オーディン様のお命じになることは、どれも面倒なんかじゃないよ?」

「でもよ、バルドル。あのオーディンだぜ? オレたちに思いつきで芝居させようって奴だ。また、なんかとんでもねーことやらせようってんじゃねえの?」

「そうだとしても、僕は嬉しいよ。オーディン様のお役に立つのも、他の神々を楽しませられるのも」

「……兄さんらしいですね」


 ブラギが呟けば、トールがぽんぽんぽんと、3人の頭を撫でた。


「ま、なんにせよ、行ってみればわかることだ。早いとこ着替えちまおう」


 トールの穏やかな声に促されるよう、先頭に立ったヘイムダルは、控えの間の扉を開けた。

 すると、


「ああ、戻ったな。待ちわびたぞ」


 フードを目深に被った青年が、目と鼻の先で出迎える。思わずヘイムダルは扉を閉めた。


「今、なんかいたよな。ていうか、アイツだよな!?」


 ヘイムダルの見間違いではないらしい。トールは苦笑を浮かべているし、バルドルも困り顔をしている。ブラギだけはいつもの無表情だ。


「ヘイムダル、急に閉めると指を挟んじゃいますよ?」

「いや、びっくりして……よ、よし。もう一度開けるぞ」


 扉を開ける。そこには、間違いなくその神、オーディンがいた。神出鬼没な最高神だ。


「オーディン!」

「どうだ、驚いたか?」

「そりゃそーだよ。呼んでるっつーから、こっちからあんたの館に行くところだったんだぜ! なんでこんなとこに」

「ヘイムダル。その反応は、相手の思う壺かと」


 ブラギが静かに言えば、オーディンは満足げな笑みを浮かべた。


「気が変わってこちらから出向いた。それより、今日の舞台も素晴らしかったぞ。さすがは私の見込んだ者たちだ」

「どーも。けど、今更そんなこと言いに来たわけじゃないだろ?」


 トールの問いに、オーディンはふっとフードの下の笑みを深くする。


「理解が早くて助かる。お前たち、ロキの話はもう聞いたか?」


 ロキの名前に、4人の空気がふとこわばる。けれど、誰も何も聞いていないようだ。


「あいつまた何かやったのか? でも、そんなのいつものことだろ。そうじゃなきゃ、あいつじゃねーし」


 ヘイムダルはそれがどうしたんだと首を傾げた。

 ロキが何をしたにしろ、あのイタズラ好きは今に始まったことではない。ロキのことでわざわざオーディンが足を運んだ理由が、他にあるというのだろうか。


「――ロキが、とうとう、人間を殺めかけた」

「!」


 4人の間に緊張が走る。

人間の生命に干渉することは、神にとって最大の禁忌だ。だがそれだけではない。どす黒く、嫌な記憶がそれぞれに甦る。あんな事件を起こしておいて、まだ反省していないのか。

 トールは眉間に力を込め、ヘイムダルは息を飲み、バルドルは花のような唇を引き結んだ。ブラギが前髪の奥で怒りを宿した目を見開き、静かに口を開く。


「……あのクズならいつかやるとは思っていました。ですが、私たちにはなんの関係もありません」


 静かな拒絶の言葉。しかし、オーディンは重ねて言った。


「関係はある。お前たちには、ロキの手助けをして欲しい」

「手助け?」


 トールの問いに、オーディンはひとつ頷いた。


「最近のあいつの行動は目に余る……小さなイタズラならば目をつぶっていたが、今回のことは見過ごせない。罰として、アースガルズへの帰還を禁じた」

「えっ!? いねえなとは思ってたけど、どっか遊びに行ってるんじゃなかったのか……!?」

「それは……ロキを追放なさる、ということでしょうか。もしそうなら、僕は――」


 ヘイムダルは驚愕し、バルドルが声を震わせる。しかしオーディンは首を振った。


「追放はしない。だが、帰還のため、2つの条件を出した。人間たちの“心からの笑顔”を集めること。そして、ロキが殺めかけた人間の“真実の願い”を叶えること――」

「それを、俺たちに手伝えって話か」


 トールの表情は硬い。


「いいや。これは、ロキ本人の力で達成しなければ意味がない」


 ならばどういうことなのかと、トールたちはオーディンの言葉を待った。


「今ロキは、人間の少年たちとともに“心からの笑顔”を集めようとしている。――“芝居”を通じて、な」

「芝居!? あのロキが!? オレたちの芝居を鼻で笑って、馬鹿にしてた、あのロキが!?」


 オーディンに掴みかからんばかりに食いつくヘイムダルを、オーディンは軽くいなした。


「それが、ロキが手に掛けようとしていた者の“真実の願い”を叶えることにも繋がるからだ。概ね受け入れられて、仲良くやっているようだぞ」


 それまで微動だにせず話を聞いていたブラギが、ハッ、と嘲笑した。


「その人間、ロキに殺されかけたんでしょう。なのに受け入れるなんて……クズのところには、クズが集まるようですね」

「ブラギ、そんな言い方しないで」


 兄バルドルの悲しげな瞳にも、ブラギはきつい態度を緩めない。

 オーディンは静かに続けた。


「善良な人間たちだ。彼らにロキを預けた私の目に狂いはなかったと思っている」

「……」

「だがしかし、ロキはあの性格だ。あちらの居心地がよくなれば、本来の目的を忘れ、投げ出すかもしれない。それでは、なんの意味もない」

「つまり……オレたちに、ロキの試練になれ、と?」

「そうだ。発破をかけつつ、必要な障害を作り、成長を手助けしてやれ」


 オーディンの言葉に、トールをはじめ、皆が黙り込む。


「どうだ。やってくれるか?」


 それを聞いて、ヘイムダルはニッと笑った。


「障害になるってよくわかんねーけど、要するにあいつと戦えるってことだろ? ならいーぜ。やってやる!」

「それって……その、僕たちも人間界に行くってことでしょうか?」


 オーディンが頷くのを見たバルドルは、頬を薔薇色に紅潮させた。


「それなら、ぜひやらせてください、オーディン様。ロキのこともとても心配ですし、それに僕……人間界に、会いたい人がいるんです」


 力強く言ったバルドルを横目に見て、ブラギが溜息を吐く。


「またあいつと、関わり合いを持たなきゃならないなんて……。しかも手助け? ありえない。最悪を軽く通り越してる」

「ブラギ……じゃあ、一緒には行けない?」

「……。兄さん1人であいつに会わせるつもりはありませんよ」


 オーディンは3人の答えに満足したように頷いて、トールを見た。


「お前はどうだ?」

「――ロキの手助け、ね」


 トールは一瞬、笑うのに失敗したような複雑な表情を浮かべる。優しげな目元ではあるが、その眦にはどこか、暗い淵が覗いている。その闇を振り払うように、トールはオーディンを見返した。


「オレも行く、が正解なんだろ。そもそもこいつらだけじゃ、心配だしな」

「別に、来たくないなら来なくてもいいんだぜ! バルドルとブラギのことはオレに任せろ!」

「あなたに任せる方が試練でしょうね」

「なんか言ったか、ブラギ!」

「いいえ、何も」


 そっぽを向くブラギをどこか微笑ましく見て、バルドルはトールを見上げた。


「ありがとう。よろしくお願いします、トール」

「おう。お前も会いたいヤツってのに会えたらいいな」

「……はいっ! もし会えたら、本当にとても嬉しいです。僕が芝居を始めてからずっと、憧れている人だから」


 トールは、はにかむバルドルの頭を撫でる。そして、ここにはいないロキの背に思いを馳せるように、遠くに視線を投げたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

神様しばい 三糸ユウ、犬井 楡/ガルスマノベルス @glsmnovels

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ