天使

リエミ

天使


 あるところに、ひとりのおじいさんがいました。


 おじいさんは、どこにでもいる普通のおじいさんです。


 そのおじいさんは、そこに住んでいたのではありません。


 ただ、そこにいただけでした。


 どこにでもいるそのおじいさんに、白羽の矢が立ったのは、単なる偶然でした。




 天の国で天使を務めているビーちゃんは、「次の天国人を決めなさい」と、大天使様に言われ、地上に降りて、そのおじいさんに狙いをつけたのでした。


 おじいさんは散歩中に、ビーちゃんに“次の天国人”として選ばれたのです。


 ビーちゃんも一緒に散歩しながら、そのおじいさんに言いました。


「天国人ってね、いうのはね、いっかい死ななきゃだめなのさ」


 するとおじいさんは散歩しながら、


「じゃあきみも、一度死んだんだね?」


 とビーちゃんに言いました。


「そうだよ。ビーちゃんはもうずっと前から、死んで天国にいるんだよ」


 ビーちゃんはおしゃべりさんだったので、おじいさんに、たくさんお話しし始めました。


「ビーちゃんのおうちは、大きな風車のあるところだったのさ。でもビーちゃんは、ちょっと風車に登ってみたかったんだよ。ぼくんちのおじいちゃんは、登ったぼくを助けようとして、足を骨折したんだ。ちょうど、今のおじいちゃんみたいなツエをつくようになったよ」


 ビーちゃんは、おじいさんの松葉杖を見ました。


 そして続けました。


「ぼくは、風車から落ちたショックで寝たきりになったけど、大天使様が迎えに来たから、行ったんだ、天国に。ほんとは、おじいちゃんと一緒にいたかったけど、でもしょうがなかったのさ」


 おじいさんは、ビーちゃんの明るく笑う顔を、まじまじと見つめました。


 そして、ずいぶん前に亡くした孫のことを、思い出しました。


 孫は、風車から落ちて亡くなったのでした。


「ビーちゃん、と言ったかね?」


 おじいさんの問いに、ビーちゃんは、


「天国人になると、名前も変わるんだよ。顔も声も変わるんだよ」


 と、喋り続けました。


「おじいちゃん、ぼくのおじいちゃんなんじゃないの? もうしわくちゃで気づかなかったけど、そうでしょ?」


「そうとも!」


 おじいさんははっきり答えました。


「わしはお前のじいちゃんじゃ! ビーちゃん、お前がいなくなって、どれだけ悲しかったか……」


 おじいさんの両方の目から、涙が落ちました。


 ビーちゃんは悲しそうに言います。


「やっぱりね。ねぇおじいちゃん、天国人になってよ。一緒にぼくと暮らそうよ。また前みたいにさ」


「いいとも。もうこれで思い残すことはない。ビーちゃん、あの時、助けてあげられんで、すまんかったのう」


「いいよ、ぼく、今の生活気に入ってるもん」


 ビーちゃんは、どこからともなくファイルを取り出し、おじいさんに見せました。


「こっちの用紙に手を乗せてね。契約するんだ」


 不意に、おじいさんの脳裏に“なりすまし詐欺”という言葉が、浮かび上がりました。


 おじいさんは急に渋い顔になり、用紙を奪うと、ビリビリに破いてしまいました。


「あー、なんてことするのさ!」


 ビーちゃんはわめきましたが、おじいさんは言いました。


「お年寄りを騙す犯罪は、天国にまで被害を広めておるのか! 許さんぞ、わしはまだ死ぬに死ねん!」


 ビーちゃんはケラケラ笑いながら、空へ姿を消しました。




「しっぱいしちゃったなぁ」


 天の国の中で、ビーちゃんはひとり言いました。


「年々、お年寄りのガードが固くなって、やりづらいよ。でも、天国に早く人を上げなくちゃ、人口増加で、地球は大変なことになるし、大天使様に叱られちゃうよ。ちぇっ」


 ビーちゃんはもう一度、地上に降り立ちました。




 そこには、ひとりのおばあさんがいました。


 どこにでもいるおばあさんのひとりでした。


 スーパーの店先で、たこ焼きを食べているところでした。


 ビーちゃんは天使ですから、人間の生い立ちなど丸見えです。


 そっと近づいて言いました。


「ねぇ、おばあちゃん。あのね、ぼく……」


 と、その時でした。


 おばあさんはたこ焼きを食べる手を止め、言いました。


「悪いわね、ぼうや。もう私は、命を売ったのよ。三日後に取りに来るわ。残りの人生、楽しませてね」


 そしてまた、たこ焼きを食べ始めました。


「だれなの、ねぇ」


 ビーちゃんが尋ねて聞き出したのは、別の競争相手でした。


「ちぇっ。悪魔に先越されちゃったよ……」


 ビーちゃんは呟くと、また次の“天国人”を探しに、飛んで行きました。




 今、天国と地獄は、人間勧誘の強化中なのです。


 自分に限ってそんなことは……と思っているあなた。


 もう狙われているかもしれません。


 気をつけてくださいね。




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

天使 リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ