ネカマはマジで許さない

作者 朱紀侍音

122

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

オフ会、お目当ての女の子に会いに行ったら、男だった。

このときから主人公は心に決めます。ネカマはマジで許せねぇ!


自身もネカマになって、他のネカマたちを見返すことにするが出てくるのは女の子。


コメディが面白いです。
ことごとく逆なことが起こる主人公の心情が面白いです。

★★ Very Good!!

美少女になってみたい、そう考えたことは誰しもあるのではないでしょうか。オシャレして街に出かけて、「あ、皆に注目されてる!」と感じてみたい。ネットなら、それができるわけですね。そんなネカマに関するこの作品、面白かったです。ネカマ、やってみようかな。

★★★ Excellent!!!

 彗司はネットゲームで知り合ったプレイヤーとオフ会をすることになった。
 だが、女性だと思っていた相手は、実は男性で。
 口では言えない辱めを受けた彗司は、ネット上で女性を騙る男性――通称、ネカマを憎み、復讐をしようと試みる。
 もくろみ通り、彼は一人のプレイヤーをオフ会に誘うが、ネカマだと思った相手は、実はその性別通りの女の子で……?
 ネカマを巡る復讐は、思わぬ方向へと転がっていくことに。

 会話を主体とした文章でテンポよく物語は進み、彗司の一人称で状況に混乱しながらも、真っ直ぐにぶつかっていくさまはとても好感が持てる。
 そして、一人のネカマに天誅を与える下りは、胸がすっきりするほど展開がよく出来ており、まるで水戸黄門が悪役を懲らしめた後のような爽快感がある。

 少年少女のちょっと些細な勧善懲悪と、ネット世界のボーイミーツガール。

★★★ Excellent!!!

先の読めない展開に、終始アドレナリン出っ放しで読ませて頂きました。ストーリーの構築能力が半端ではないです。とにかく面白い!

もちろんラブコメとしても秀逸です。主人公の行動思考に笑わせてもらいました。そしてセツナの純粋な可愛らしさにドキドキとさせてもらったり、キャラクターの内面描写の巧みさに魅了されたり、すっかり物語に引き込まれてしまった僕です。

『ネカマ』というキーワードから膨らむ世界観。話が進めば進むほどに深みを増していく。次話がとても楽しみでなりません。果たして主人公の復讐は叶うのでしょうか?そしてどのように恋愛が展開されていくのか?これからも話を追い続けて、しっかりと結末を見届けたいです。

★★ Very Good!!

一言でいえば、主人公がお馬鹿(誉め言葉)。
冒頭から笑わせてもらいました(笑)。ぜひ、読んでください。
物語の主軸は復讐劇なのですが、なにぶん主人公がお馬鹿(誉め言葉)なので、もちろん計画通りいかないです。
しかもそれが、予想外のオイシイ展開! という、ラノベ王道展開です。

★★★ Excellent!!!

まだ3話と話数が少ないんですが、とにかく話が速く進むので読んでいて退屈しませんでした。
また最初の展開が結構ぶっ飛んでるのが一番惹かれましたね。
ただ個人的には普通に書けばめちゃくちゃ思いシリアスになる展開をコメディで軽くしてるのが凄いと思いました!

それと私の身近には男性のフリをする女の子のネカマはたくさんいるのですが女の子のフリをする男性は殆どいないので、少し新鮮な感じもありました!!