自主企画用「筆致は物語を超えるか」「明日の黒板」

作者 ゆあん

52

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「筆致」の謎に迫る素晴らしい企画。
筆致とは、文章の書きぶりの事を言うみたいですが、同じプロットなのに、作者ごとにそれぞれの筆致があり、本当に文章を書くこと、そして読むことは楽しいことだと再認識できた気がします。
企画主のゆあんさんは、運営等大変だったと思いますが、またいつか是非、参加させて下さい。楽しい企画を、ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

まさにカクヨムのシステムを上手に利用した企画だと思います、脱帽です。
元になった企画自体はもうすぐ終了ですが、たとえ企画が終わった後だとしても、書き手の皆さんはトライされてみても良いんじゃないでしょうか。

まず自分で書いてみる。次に他の方の作品を読んでみる。それだけでキャラ設定の仕方や、表現の方法、ストーリーの進め方など、とにかく色々学べます。超おすすめです。

…とここまでは、企画のレビューになってしまいましたが、ユアン様の各作品に対する考察も素晴らしいですよ!
この点も是非、読んで確認してみてください!

★★★ Excellent!!!

卒業式、夏男と春子と言う主人公ふたりが、どんな別れをし、どんなラストを迎えるのか?

一本のプロットでも、書き手によってそれは万華鏡のようにさまざま姿を見せてくれるんだと言うことを目の当たりにしました。

こんな経験はあまりできないと思います。
企画に出会えたことに、立ち上げてくださった企画者さまに感謝です。

書き手としても、読み手としても、学ぶことが出来ます。

★★★ Excellent!!!

企画参加当事者としての感想です。
まさしく書き手としてこの企画は非常に面白く、即参加致しました。

そして書いてみるや、プロットは立てられているのに、他の参加者様の話がもう、多種多様で「読む」楽しみが。

すると今度また、自分ももう一つ変えて書きたくなってまた「書く」楽しみ。

書く、読む、両方を楽しみ、刺激になる企画です。もちろんどちらかだけでも充実するはず!

★★★ Excellent!!!

本エッセイは、作者様が企画していらっしゃいます自主企画に関する情報がまとめられているものです。

同じテーマを共有して、企画に参加された方々が作品を作っておられます。

私も沢山の刺激を貰いながら、楽しく参加させて頂いております。

本企画を通して、人の数だけ想いがあり、想いの数だけ物語がある。この企画から生まれた物語の全てが、さらなる想いを生み、新しい物語へと昇華していく。

人と小説の持つ可能性をその身をもって体感しております。

堅苦しい書き方をしましたが、敷居はそれほど高くないと思っています。
実力派から、初めて自主企画に参加された方などなど、個性豊かな作者様がそろい踏みでございます。
そんな作者様達の紡いだ珠玉の作品達を読むだけでも貴方の可能性が広がることでしょう。(参加なんてした日にはもうさらに倍!)



ご興味の湧いた方は、下記URLまたは本作品から企画を覗いてみることをオススメします!(飛ばなかったらごめんなさい!

https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054887207130

Good!

 ここまで登録された作品、10作ほど目を通させて貰いましたが企画者が仕掛けた罠とも言えるし要望みたいなもの……遊び心ですかね? うーん、敢えて無視して自分がやりやすいようにしたかもと思える人はいたにはいたようだが……新規の方もそれほど増えないだろうし、ある程度のネタばれも良いかと思うし、企画者も僅かに洩らしているのでレビューさせて貰います。


 分かりやすい所では夏男と春子は相思相愛ではないと告知している事だろうか?
 それも、女の子である春子だから控えめな紹介にしたように見せかけてるところがいやらしい(笑)

 夏男は惚れてるが春子は気になる程度、この差を誤認させるように書いてるんですよね。

 企画者は勿論、それを見ようとしてると分かったので同じように仕掛けさせて貰ったがそれに気付いていると匂わすコメントが無かった事と他の方のコメントで完全に伏せる気がない事をコメントされてるので気付いてないと分かった事ととある事情から星2から星1に変更にさせて貰いました。

★★★ Excellent!!!

小説技法を研究し、共有しあう目的で立ち上げられた企画です。
カクヨムならではの、作者同士の交流が期待できる好企画だと思います。

企画主のゆあん様は、カクヨム×スマートニュースコンテストにおいて、『ゲームティーチャー「斉藤太」の鬼畜プロゲーマー調教講座』が、大賞を受賞された実力派です。
でも、臆さなくても大丈夫です。
エッセイや作品からうかがわれるお人柄は、とても温厚で穏やかそうですから…!

興味のある方は是非、参加してみてはいかがでしょうか。

私も参加したいのですが時間が…でもやっぱり参加したい…どうしよう…とウズウズしています。