道連れフロンティア

作者 九羽原らむだ

60

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

舞台は異世界。けれど、この作品を想像するのは簡単です。
不要な説明は避けつつも、しっかりと描写がされているので、背景も合わせてキャラ達がイキイキと動くさまをすぐに想像できます。

王道ファンタジーな展開の中にオリジナリティもたくさんあり。
特に少年マンガが好きな方にはたまらない!

注目ポイントは、魅力的なキャラ達。

主人公のラチェットも、ヒロインのコーテナも…。レビューだから詳しく書けないのがもどかしい!!
私はお気に入りのキャラもできました。

キャラ愛について、ストーリーの気になる続きについて。語りたくなっちゃう、そんな物語。
とにかく、まずは一度読んでみてくださいませ!

★★★ Excellent!!!

異世界に転移した自動車整備士のラチェット。
人間から忌み嫌われる半魔族の少女、コーテナ。

彼らが歩むであろう壮大な物語の序章は展開が早く、読者もラチェットと同じように異世界を駆け足で冒険することを余儀なくされます。
しかし、『第1部 はじまりの日』では二人が出会い、手をとりあうまでの歩みが繊細に記されています。

過去に大きな傷をかかえるラチェット。
人と同じように生きることなど許されないコーテナ。

この作品は、救いの手を受けられなかった人間でも誰かを救いたいと手を差し伸べることが、未来に希望を灯す十分な光となることを示しています。

ラチェットレンチは何もない彼の人生において、『それでも生きる』と決めた誓いの証なのかもしれません。

これから二人が歩む物語を、どうぞ読者という立場で見守ってやってください。

★★★ Excellent!!!

昨今激増した異世界転生、転移ものではありますが。
この作品は、その中でも王道に位置すると思います。

主人公は、最初に特殊な力を手にはしますが行き成りぶっ飛んだチートではありません。
主人公、ヒロイン(もう一人の主人公)の出会いの経緯も。主人公の過去を思えばしっかり説得力があります。

どちらかと言えば、お手軽に読む部類ではなく。
しっかり腰をすえて読んでいける、王道異世界冒険物。
そのような印象です。

文体も独特でありつつ読みやすいので、おすすめです。

★★★ Excellent!!!

第一部まで読了。

とても面白かったです!
序盤は訳も分からないままハプニングが起きたり、女の子と出会ったり、お宝を見つけたりと、目まぐるしく世界に巻き込まれていくラチェットが、これからどんな冒険をするのだろうかという期待が膨らむ展開。
そして物語が進むにつれ明かされていく、重く辛く昏い過去。あの日の自分に重なる健気に笑う少女へ、あの日自分には伸ばされなかった手を、それでも伸ばしてしまうラチェット。

もう後半は一気に読みました。
引き込まれて、止まらなかった。
詰んでる状況から一歩踏み出した彼らの未来がこれからどう変わっていくのか、とても楽しみです。

★★★ Excellent!!!

ハラハラしました。
感情が刺激されました。
ドキドキしました。
いやー、王道って良いですね。

主人公が覚悟を決めるまで、決めた後の葛藤も、全てが感情を刺激します。
そして何よりコーテナの健気さ。
良いヒロインです。
この二人の関係性がどうなっていくのか見守っていきたいです。

きっとこの物語を読んだ人は感情が揺さぶられると思います。
そんな体験をしたい人に、お勧めします。