もう俺、ゴリラでいいや。

作者 ぱぷぅ

1,177

454人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

作者自身も言っている通り、
なんとも速筆で適当な書き方で、
悪く言えば話が薄っぺらく、感情移入できない
しかしその分物語が膠着せず、高速で進んでいくので飽きない
長編によくある、面白い話の合間にまるで文字数稼ぎのような、
つまらない話がだらだら続く・・・
なんてことも全くない。一気に読める

無双小説は数あれど、スタート時で既に、
ここまで極めちゃってるのはあまりないんじゃないか
成長とか、苦戦とか、頭脳戦とか、全く無い
だから「この後どうなるんだろう?」的な緊迫感のある要素はない
簡単に言って、移動→力で解決→移動→力で解決の繰り返し

その割りに、最後に登場人物の「その後」が描かれているのは丁寧だった
唐突に終わってしまう小説よくあるけど、
こういうのある方が読了後すっきりして有難い

★★★ Excellent!!!

ウホ。(この物語は様々な作品を見てきた、まるでシャトーブリアンすら満足しないような肥えた読者に対して、新たな味覚の発見となるような作品になるだろうと、現時点において確信する。)

ウホウホ。(そもそも最近は、やれ剣で倒す、やれワイの魔法がイケイケだというような作品が巷に溢れているが、この作品はそもそもそんな次元で話を進めているわけではない。.....おっと、別にそれらの作品を下に見ているわけではない。上記にしたためた通り、素晴らしい作品だと思う。)

ウッホウホホ。(次元の意味はこの作品を見たらわかるのだが、ともかく主人公は苦労人なのだ。それもかなり常軌を逸しているのだ。その中で、頭がある意味逝ってしまわれた、悲劇と書いて喜劇と読む物語である。)

ウホホーホー。(もっと書こうとしたけど、めんどk....お昼ご飯で友達とバナナバイキングに行ってくる。)

★★★ Excellent!!!

ウホ、ウホウホ。
ウホホ、ウホ、ウホウホウーホ。
ウホッ。
(召喚物という事で読んでみたんだけれども、数十回も勇者召喚されるとかマジでwってなりました。)
(しかも、ゴリラの理由が面白い。脳筋=ゴリラ じゃないんだけど、結局はゴリラとかね。主人公が無双系のお話しでもあります。)
(そういうのが好きな方は読んでみてはいかが?)

★★★ Excellent!!!

19回に及ぶ異世界召喚により、お決まりの魔王討伐、世界救出に辟易してしまった主人公はゴリラのごとく、脳筋となって事務的に役目をこなしていくことを決意する。

しかし、圧倒的パワーで敵を蹴散らす主人公だが、脳筋だけでは通せない複雑な事情も。

異世界ものに飽きてしまったあなた。
同じく嫌気のさした主人公と一緒にこの世界を冒険してあげてください。