第5話

 その日は期末試験だった。日頃の怠けた授業態度のツケが回り、案の定、開始5分でやれることはなくなっていた。

 試験は壊滅的でも出席点だけで単位はなんとかなるだろう。そう高をくくり、早々に試験を諦める。

 頬杖を突き、何気なく窓の外に目をやると、例の彫像が目についた。彫像への興味を失ってから既に2、3ヶ月が経ち、その存在もすっかり忘れたところだった。


 あれから頭部はどうなったのだろう、どんな顔になったのだろう、と妙に気になりだした。机の上に身を乗り出して、目を凝らしてみる。

 最初はちょっとした胸騒ぎだった。なんだろう、この違和感は――。

 彫像の顔に見覚えがあったのだ。違和感の正体を見極めようと、さらに身を乗り出して目を細める。

 そこで、ある突飛な考えが頭をよぎった。まさか――?

 いやいや、あり得ない、きっと勘違いだ、似ているだけに違いない、と厭な予感を必死に頭から振り払おうとする。――が、すぐに無駄だとわかった。


 彫像は完成していた。少なくとも、そう見えた。

 ひどく漠然としていた相貌も、今では微笑を湛えた表情がはっきりと読み取れる。口角はくいっと上がっているが、目はしっかりと見開いたままだ。

 それは図書館で見たアルカイック・スマイルと同じ表情だった。


 悪寒が背筋を走り抜ける。間違いない、確かに見覚えがある。私はあの彫像の顔を知っている。

 あれは、私――。あそこにあるのは、

 いや、顔だけじゃない。。あの彫像は――

 


 衝撃と混乱と恐怖に襲われ、体が石のように固まる。

 目の前で何が起きているのか、これが何を意味しているのか――。思考が間に合わず、ただただ疑問が脳裡を渦巻く。

 しばらく呆然とした後、私はようやくあることに気付いた。彫像とことに――。

 彫像はじっ――とこちらを見上げていた。

 私にそっくりな彫像の――、あの空虚な目が、私を捉えていたのだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

顔のない彫刻 映国紳士 @moviegentleman

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画