白き太陽と影の怪物

作者 甘味しゃど

55

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

黒かばんの【本能】と、シロの【意地】が泥臭くぶつかり合う、短くも長い闘いの物語です。
全てしゃどさんにお任せします、と黒かばんや拙作の設定をお預けし、どう調理されるのか一読者として楽しみにしていました。
見事にしゃどさんテイストにアレンジされた物語の中で、彼女達が生きる様に毎日心躍らされました。
拙作からここまで世界を広げてくださり、感謝感激です。
共演してくださった猫の子と気分屋さんにも、感謝感謝です。

本作は二つの原作を読んでくださっている方向けですが、さらに楽しみたいと思われる方には、それだけでは足りないかも知れません…。

★★★ Excellent!!!

まさに劇場番のノリ

文字なのに動きがハッキリと見える、時にスローモーション、時に高速で戦う姿


猫シリーズからこんにちは、シロさんこんなにカッコよくて強かったんですね?あのけもフレ二次小説の最高峰とのクロスオーバー、これは私にはとてもできない… だから逆に甘味監督にしかできないんです、あなただからこそできたことだ

甘味しゃど先生本当にありがとうございました、猫の子番外編の会話が出たときはもう泣きそうでした

最高だった、それしか言えなくて悔しいですね