たどり着いた異世界は私の見ている夢だったので、寝たり起きたり24時間やすめません ( 仮 )

作者 たちばな わかこ

129

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

軽トラにはねられて、死んだと思ったら、異世界に転生したんです。
という最近流行りの話と考える主人公に”これ、君が見ている夢”という無慈悲なツッコミで始まるこの物語。
異世界に転生したと思わせておいて、実は夢の世界で生きることが出来る不思議な能力を持つ者=主人公だったのです。
何だか、ネットゲームやMMOをやっているような感じでアバターとして、生きている感覚に似ています。
ギルドがあって、チュートリアルがあって、そういう要素がたくさん散りばめられているのです。
のんびりとして、ほのぼのとした雰囲気が全体に漂っています。
何と言っても、とても読みやすい作品なのでファンタジー物は好きだけど血が飛んだり、という物騒なのが苦手な方に特にお薦めです!

★★★ Excellent!!!

「夢の中の世界」と「現実世界」を行き来する登場人物達のお話。普通の異世界転生物かと思いきや「その手があったか!」の連続です。
主人公は可愛い女の子で、彼女が色々巻き込まれつつ成長していくぎこちない恋愛有りのドタバタコメディ。

気が付いたら一気に読んで終わってました。人生初のレビューなので上手く(ネタバレ無しで)魅力を伝えられる気がしませんが、これだけは言えます。
とにかく出てくるキャラクター皆魅力的すぎる!

「胡蝶の夢」に通じる流れになるのかなぁと思いきや、夢の世界と現実世界でも登場人物達の繋がりが出来たり今後の展開がとても気になります。

★★★ Excellent!!!

異世界転生……ではないです!
いや、まずこの一言になったには理由があるんですよ。


現実と夢の世界の24時間を行き来しなくてはいけない主人公の少女が舞台となった物語です。世界観がまたほのぼのとしつつ、コミカルでまた会話のテンポも飽きずにスイスイ読み進められる作品となっております。

そして、この世界の二つ名や会話のやり取りがまた面白いと感じました!
女の子が主人公ってのもまたポイント!
ほのぼのしつつ、キャラクターの個性がよく出ている作品ですので、ぜひご覧ください!!