勇者を呼ぶ側にも、採用条件というものがございます。

勇者といっても、なんでも良いはずがありません。
なにはともあれ、使い物にならなくてはなりません。
外見と機能など、召喚する側の条件に即して、
あれこれと試した結果、ついに合格したものは……
逆転の発想で、アッと驚く納得の結末。
そうですね、必要十分なニーズを満たす“勇者”って、じつは……!
このお話、傑作です。

その他のおすすめレビュー

秋山完 さんの他のおすすめレビュー164