緋姫 〜天羽月舟伝〜

作者 潮風凛

163

60人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 とにかく鮮やかで艶やかな情景の数々。その光景がありありと目に浮かんでくるかのようでした。
 文章を彩る伝統色といい昔の衣の名前といい、よくこんなものが次から次へと出てくるなと、感心した次第です。
 設定は深く細かく、よく作り込まれていると感じました。最初に読んだときはあそこまで様々な設定が絡み合い、一つに繋がるとは予想もつきませんでした。
 天子様は出番が少ないながらに、凄まじい存在感だったと感じます。
 終盤の描写を見て、この世界観をもっと見てみたい。いろいろな場所のことも見てみたいと、強く思いました。

★★ Very Good!!

自然の風景から建物、着物、文化、そして伝承と信仰、物語の舞台の全てが平安時代の日本のイメージで描かれており、絵巻物を眺めているようでした。

主人公を巡る前世からの宿命や縁がドラマチックで、それらに時には抗い、時には助けられ、自分の道を模索する姿は清々しく、明るく前向きな気持ちになれました。

主人公の側で支え守る少年の優しさや強さも丁寧に描かれていました。そして、二人の初々しい恋も微笑ましかったです。

詠姫と真幌月にまつわる伝承が物語の軸となっているのですが、神話や伝承が長い年月をかけて変わってゆき、それが新たな信仰を生み出すことが、リアリティーがり、恐ろしかったです。

ですが、その過ちを正しい、誰もが笑って暮らせる世を目指して主人公が奔走し、初めは争っていた人々もてを取り合う結末は、人の心の暖かさを表しているように感じます。

王道の和風ファンタジーであり、語り継がれたお伽噺のような幸せな結末で、笑顔で読み終わりました。

★★★ Excellent!!!

和の色にあふれた繊細な筆致と、丁寧に織りあげられた世界観が魅力の、和風異世界ファンタジー。主従ものが好きな方も必読です。

詠姫と呼ばれる優しい少女と、彼女を守る付き人の少年。彼らが仕える場所で起きた凄惨な事件は、二人を巻き込みながら国を揺るがす勢力争いへと発展していきます。
未来を憂い、自分たちがなすべきことを探るうちに、二人ははるか過去に纏わる哀しい伝承を知っていくことに。

語彙豊富で美しい表現に彩られた物語は和風の雰囲気を醸しつつ、架空世界の歴史を丁寧に編み上げていきます。
人の心と伝承の重さ、未来を切り拓く願いの強さと、若さに宿る希望と。
時につらさを越えつつも、絆を深める二人の姿を応援せずにはいられません。

和風ファンタジーが好きな方、歴史ものが好きな方、一途な恋愛ものをお探しの方、ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

緻密に構成された世界観、登場する着物や色や建物のすべてに和風の要素がふんだんに練り込まれ、まるで綺麗な屏風絵を眺めているような文章に惹きつけられる。

天羽月の伝説を底流に、どうやって課せられた運命を乗り越えていくのか、燈と疾風の奔走に目が離せなくなる。

普通に書籍化して、この世界の続きを見てみたい。そう思わせる作者の筆力に脱帽。
これぞ珠玉の和風ファンタジーです。

★★★ Excellent!!!

本作を語るにあたって、色彩の豊さ、鮮やかさを外すことはできない。
衣服に対する造詣の深さからくる、人物がまとう伝統的なかさねの色目の美しさ。
豊かな色彩感覚からくる、舞台の隅々にわたる様々な色彩表現。
時に明るい昼の世界、時に濡れたような漆黒。春の青葉。冬の白と黒。
やがて巧みに、緻密に語られる世界観に引き込まれるにつれ、空気にすら色を感じる。
それぞれの情景描写が混然一体となり、強烈な鮮やかをもって読み手を物語に引き込む。そうなれば、もう一気に読み進めずにはいられない。

これこそが潮風凛の世界。
そうなるともう止まらない。

綿密におられたストーリーと魅力的な登場人物たち。
彼らが織りなすしっとりとした蠱惑的なこの物語はあなたをたやすく掴み、
そして離さないだろう。

★★★ Excellent!!!

この作品は丁寧に繊細に描写された作品です。
あとがき通り、
「詠姫」と呼ばれる役目についた燈という少女とその付き人である疾風が、
お役目に課された謎と、そしてその運命と抗っていくというような話であるのですが、
今のところ連載ということもあって、その謎解きはまだわからないような状態でもやもやしたまま話の最後まで読んでしまうことになってしまうと思います。
しかしその途中でキャラクターたちが織りなす切なくも愛おしい物語に目が惹かれるはずです。


このレビューを見ていただいた人には最後まで見ることをお勧めします。
きっと続きを早くしてくれと思うに違いありません。

★★★ Excellent!!!

古典を読んでいるような気分になる非常に優美な物語です。作者さんの作品への愛が文章からひしひしと伝わってきますし、何よりもレベルがとても高い。
ここまでの文章を読むことはなかなかできません。これはプロ並みです。色彩の表現や、物語を通した人間性への描写の挑戦など、どれをとっても優しく、そして繊細に構成されています。
是非ご一読を。

★★★ Excellent!!!

繊細で綺麗な言葉や表現が多彩に使われており、言葉選びの一つ一つに心遣いを感じる。
幻想的な世界観のファンタジー小説を楽しみたい人にはお勧めの物語である。
所々に散りばめられた伏線があり、先が気になる作品なのは勿論のこと、何度も読み返すのが楽しい仕様となっている。
また、主人公の少女、燈を支える従者として登場する疾風という少年の格好良さと燈への一途な想いに痺れる恋愛小説としての一面も兼ね備えており、胸キュンを求める読者として読み進めても、決して期待を裏切らず、要所要所で胸キュンさせてくれること間違いなしである。実際私も疾風の魅力にどっぷりと落とされる結果となった。
しっかりとした世界観が作り上げられているからこそ、様々な側面から楽しむことが出来る素敵な作品だと思うので、一度読まれることをお勧めする。