第3話

「やっぱりこうなるわよね・・・。」


ルイはため息をつく。

異世界転移は確率変動を起こし、ありえない事をおこす術。もちろんその反動でこういう事態に陥りやすい、と、知識では知っていた。

具体的には

美女が襲われる所に遭いやすくなる。

魔族に遭いやすくなる。

貴族に云々などなど。

これら異世界転移術の反動は、テンプレート現象とよばれ、時に強大な力を得ることもあるのだが・・・・。


「盗賊・・・だな。みやこの近くになると盗賊もみやびな服をきるものなんだなぁ、ルイ」


などとのほほんと返す八咫丸。

八咫丸の戦力がいかほどまだ分からないが、盗賊はざっと20人はいるようだった。

異世界転移術発動前ならいざ知らず、ルイの魔力はまだ半分程度。

20人は若干多い。


「ごめんね、八咫丸。半分お願いできる?」

「半分で良いのか?・・・承知。俺の斬馬刀は射程が長い。戦ってる間は間合いに入るなよ?」


と不敵にわらうと、鞘の先を地面に突き刺し、2mはあろう刀身を身体を使って引き抜き、にやにやと明らかに見下している盗賊の集団に突っ込んでいく。


「烏丸流!案山子かかし斬り!!」


烏丸流剣術は斬馬刀、即ち2mを超す大太刀を振るう事に特化した剣術である。

鞘を固定しなければ抜刀できない代わりにその破壊力は高くーーー。

一振りで二人は薙ぎ倒し、回転止まぬまま竜巻の様に集団を蹴散らして行く。

そして20人は居たはずの盗賊は残り4人まで減らした。


「とと、ちょっとやり過ぎちまったな。」


頭をトントンと叩きながら、決めポーズ。

ぽかんとしていたのはルイである。

エドゥーの街でも1.2を争う天才魔術師のルイをもってしても、真正面から、短時間で10人以上を薙ぎ倒そうとしたら流石に一筋縄ではいかない。

ゾクゾクと鳥肌を立たせながら、すぐさま残り四人を捕らえようと呪文を紡ごうとするが、残る四人は一目散に逃げ出していた。


「アンタ・・・凄いわね・・・」

「いや、まだまださ。父上には手も足も出ないしな。だから江戸に強くなりに行くんだ」


ルイの賛辞に目をキラキラさせながら答える八咫丸。


「んで、ぶっ飛ばしたあいつらどうする?峰打ちだから・・・まぁ、骨は間違いなく砕けてるけど・・・殺しちゃいないぜ?」


ルイは更に身震いをした。

アレで手加減してたなんて!


「そうね・・・エドゥーまであと少しだし、ここに放置して、兵士に報告して捕まえてもらいましょう。ひょっとしたら金一封貰えるかもよ?」






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

渡り鴉の異世界珍道中 @amondemon

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ