さそり座の夜、あの屋上で

作者 鍋島小骨

星のもとへと星は落ち

  • ★★★ Excellent!!!

地上に降りなくても生活できちゃう密集高層住宅。

その屋上で星を探すひとと、真っ暗な空から落ちてきたひと。

卓上マイク、義眼、おっかなびっくりの玉子焼、どんなものにも意味がある。

スラムと星座とフォネティックコード。ロマンの欠片を散りばめて二万文字が反響する。

「エコー、エコー、解除せよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

帆多 丁さんの他のおすすめレビュー 265