魔王のいない朝がくる

作者 左安倍虎

49

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

うまいです。今飲んでるお酒終わりのしじみの酒蒸しぐらい、うまい。
何度も巡る世界、一人だけ記憶がリセットされない主人公。
こう話の中にある種の哲学的なものを織り込んでくるのはよくあるのですけど、それを努めて平易にした文の中に絶妙に溶かしこんでいる。
まさにしじみの酒蒸しです。うまみとけてます。

★★★ Excellent!!!

治癒能力をもつ聖女リズ、重戦士ゼノス、獣人ノーラ、大賢者アルド、トグリルの五人のパーティーは、魔王グラニコスを倒し、その炎が世界を焼き尽くして終末が訪れるのを阻止した。無事に旅の目的を果たした仲間たちは、夕食を摂っていたが、ノーラはリズが浮かない顔をしていることに気づく。懸念を問われたリズは、迷いながら告げた。

「わたしたち、今日という日をもう一度くり返しているらしいの」――。

ふれる者のどんな願いでもかなえてくれる魂石(ソウルジェム)に、彼らが願ったこととは?


魔王退治の冒険ストーリーが終わった後、登場人物たちは? というお話ですが、ひと捻りふた捻りした構成が、とても面白かったです。舞台裏でさまざまな事情を抱えている登場人物たちの、真の願いが明かされます。葛藤の末、彼等が選んだ結末とは?
思考力が試される後日譚を、お楽しみください。