貴方の耳元で愛していたを叫んだ。

作者 神崎トオル