リザレクション

作者 成井露丸

69

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

正反対の性格の双子の姉妹。妹は明るく人気者。しかし、姉はどこか内気。想い人がいても遠くから眺めるので精一杯。

とにかく文章力が非常に巧みです。女性視点でありながら、男性もイメージしやすいような描写で紡がれており、女性なら共感したり理解できる部分もあるかと思います。また、どこかのめり込まれる雰囲気が溢れており、気付けば読了していました。

しかも、これはただの女性の心理描写を描いた物語ではない。最後に待ち受けるのは「そうきたか!」と思わず唸る結末。読んで損はない一作です。

皆さん、是非目を通してみてくださいな。

★★★ Excellent!!!

これ♪ 凄く…面白いです。
この作品♪

蘇生(リザレクション)?と… 婚姻届?

身近な事柄だからこその、ラストでの…オドロオドロしい、それでいて 一種の倦怠感ある 麻痺した様な絶望感?

背徳感?…いや、冒涜的なスリル?

そう言った『何だか分からない感情』が堪らない作品です♪

疾走感ならぬ絶頂…いや、言いしれぬエロスが有ります(オジサンww)♪

何度も読み返したくなる、依存性ある名作です♪

★★★ Excellent!!!

妹が病気で亡くなった。その後を追うように、姉も死んだ。
ならば語り手である『私』とは、一体誰……?

そんな謎を提起されて始まる、幸せの絶頂であるはず日。
それなのに不穏な単語が要所要所に散りばめられ……中でも『私』の心理描写が巧みで、思わず吸い込まれてしまいます。
やがて迎えるラストシーンでは、『私』の堪え切れない激情がまざまざと描かれ、畳み掛けるように物語が閉じられてしまう。

果たしてこの後、どうなってしまったのでしょうか。
悲しきエゴで終わってしまったのか。
それでも変わらぬ想いが結ばれたのか。

どうか……過去にこだわらず、囚われず。
今を、未来を……共に歩んでいって欲しい。そう、切に願います。

★★★ Excellent!!!

まさか、とおもいながら読みすすめていきました。この、見てはいけないものにじわじわとにじり寄っていく感覚、見たくないのに目を背けられない感覚は、著者さんのはりつめた文章の特徴だと思います。吸いよせられるように読める物語です。素敵な作品を、ありがとうございます。