窓の無い地下室から、蒼天に浮かぶ太陽を穿つ

作者 詩一@シーチ