あたしメリーさん。いま異世界にいるの……。

作者 佐崎 一路

39

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 この小説、色々な所が壊れています!
 特に惨いのは、やはりメリーさんの頭なのですが、そもそも、この作品まともな物がほとんど無い。
 主人公の住むアパート、バイト先の古本屋 周囲の人間?
 メリーさんの行ってる筈の異世界自体に登場人物。どれもこれも、変なのです。
 どこに基準点を置いて読めばよいのかわからない。
 だから、もう何も考えずに読みましょう。

 主人公の元へ掛かってくる電話「あたしメリーさん、いま・・・にいるの……」に続く、無軌道な様は、ギャグを通り越してすでにカオス。
 ギャグに耐性の無い方にはお薦め出来ない、より強い刺激を求める方にお奨めします。

 ただし、この作品、中毒性があるので要注意! 時折、思い出したように、また読みたくなる症状が出ます。
 フォローを入れて、更新をチェックする事をお勧めします。

★★★ Excellent!!!

自分が異世界に行くのではなくて、他の誰かが異世界に行って、様子を語るというのは新しいです。他の異世界ものより一歩抜きん出てるように感じました。コメディとして本当に楽しませていただきました。

メリーさんの使い方が上手で、異世界という設定が横にありながらも、現実世界で主人公が普通に暮らしてるギャップはたまらないです。

★★ Very Good!!

メリーさんがテーマの作品でまた面白いものにぶつかりました。
メリーさんという「電話越しに接触する」特性を活かした作品です。
主人公が何しろおいおいちょっとと言うくらい色々スルーしながらメリーさんと適当に受け答えをするのに、電話向こうでメリーさんは破天荒極まりない事をやりまくっている。
しかも、主人公、身の回りの事もかなり豪快に受け流すのだけど、受け流す中にもおいおいおい!?となるような物事がぎっしり詰まっていて。
「もっと詳しく!?」と思うのだけど、それが逆に面白い。全部詳細に描写しないほうがむしろ面白いという独特の境地に至っている作品です。

★★★ Excellent!!!

「メリーさん」と言えば有名な怪談話。
しかし、この「俺」という人物。そんな迫りくる恐怖に全く恐怖しない。
それどころか身の回りに起きている怪現象の類に全く精神がやられない。
メリーさんはメリーさんでいろいろとポンコツ属性を備えている物だからさあ大変。

メリーさんは気づけば異世界へ。(ここ重要)
元々のスペックと無知で大暴れするメリーさんは、何とか「俺」の下へ行こうとするが、いつの間にやら当初の目的はどこへやら(汗)
唯一の更新手段はスマートフォンのみ。
天然のスルースキルとツッコミ属性を持つ「俺」との掛け合いで繰り広げられるコメディ。さりげなく混じるクトゥルフ要素も面白いです。