ジャスコ対商店街

作者 アルキメイトツカサ

95

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とにかく面白い!
しかしこれだけではレビューになりませんので、もう少しお得情報を。

ちょっと冷めたような淡々とした筆致ながら、隅々にこめられたギャグのアクセントが素晴らしいです。
例えるなら冷めた激辛マーボ豆腐弁当というところでしょうか。
私の例えは別として、いろいろ文中に出てくる例え方、形容詞の使い方なんかもすごくセンスがいいんです。隙あらば笑わせようという意志がまたいい!
ストーリーも設定もかなり面白いんですが、やっぱり文章を読むのが楽しいタイプの物語。

なんともクセになる作者様の味わいがあります。

★★★ Excellent!!!

 100年を超えて使い続けられたモノには魂が宿り、付喪神となる。
 日本ではそのように言い伝えられている。
 それは「店」でも同じことが言えるのではないか、という斬新な視点から描かれたのが、本作である。100年を超えて人々に愛されてきた「商店街」と、創業100年を超えるジャスコ(何故イオンじゃないのかは、読んでみてのお楽しみ)。地方商店街にとって大型モールの出店は、脅威である。そこで始まったのが、「客」の誘致合戦。つまり、戦いだ。
 そこに、謎の新たなる「店」がダークヒーローとして突如出現!
 「ジャスコ対商店街」の戦いは、思わぬ方向に向かう。そして激戦の末、ダークヒーロは破れ、最後に「本当の敵」を教えられる。
 まさに、「序・破・急」のお手本のような作品でした。
 面白かったです。
 
 是非、御一読ください。

★★★ Excellent!!!

ジャスコ対商店街。
擬人化でどんな物語が生まれるのか、ドキドキワクワクの第一話。

官能小説はジャスコにはなかった!
商店街のゲームコーナーは無人だ!

付喪神と化した二人の争いは続いていく。
物語の導入、対立といきなり引き込まれる展開。
そして、二人の前には新たなる……。

ここまでにしておきましょう。
この物語は一気に読んでいく。いえ、一気に読まされてしまう勢いがあります。
さあ、ジャスコ対商店街。
あなたの街にもくるかもしれません。

★★★ Excellent!!!

みんな知っていて、日本全国どこにでもある『ジャスコ』
それに対するは、地元の『商店街』

これは日本の各地で繰り広げられている、大手スーパーと地元の小さな小売店とのあくなき闘争の記録である。

……な側面もあるけれど、本題はそこじゃない。


『ジャスコ』あるある満載!!
『商店街』あるある満載!!!

なのに、へぇ……ジャスコってそんな歴史あるんだ、とか少し勉強にもなったり。この短い話の中にてんこ盛り。

本当に三秒に一回笑えるから、是非読んでみて!!!

果たして、この戦いを制するのはどちらか!?