右かと思ったけど左

作者 アルミ缶の上にあるミカン

101

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読みながら、何とも言えない違和感をずっと抱いていましたが最後の数行でこれが仕掛けられたものだと気付かされ、アアアッっとなりました。

文字媒体だからこそできる、ちょっとしたホラー体験。

わからないといつまでたっても「はてな」しか浮かんでこない。
分かってしまうとゾワりとくる。

そんな作品です。

★★★ Excellent!!!

※※※軽くネタバレあり※※※





文章の質は高く、読みやかったです。

しかし、オチに関して。
正直言えば分かりづらかったです。
言われてみれば「あぁ、確かに」と頷ける作品。
自分も他の読者様の応援コメントへの、
作者様の返信を見て気づきました。

もうちょっと伏線はいれた方がわかりやすいと思います。
例えば、
そういう『噂』の話を彼女達自身がする。
『彼』が漢字交じりの独り言を言う。
などなど。

ただ、この短編をきっかけに、他の作品も見てみたいと思わせる作品でした。

★★★ Excellent!!!

騙されてると思ってもう一回読んだのだけど、私にはギミックがよくわからなかった。ただ、どこにでもいる仲の良い子どもたちの、日常が描かれたあと、不審者に声をかけられるシーンがあって、少々後味の悪い読了感になってしまった。もし作者様が、気味の悪さや腑に落ちない何かを感じて欲しいというのなら、大成功ではあるが、私の見落としたギミックがもしかしたら、どこかにあったのかもしれない。
世にも奇妙な物語でも、たとえきれいに終わらなくても、もう少し納得できる展開があるので、個人的には物語として解決してほしかったというのが、率直な感想です。私は人を評価するほど優れているわけでも偉くもないので、星は3つをつけさせて頂きます。