右かと思ったけど左

作者 アルミ缶の上にあるミカン

ロリロリな短編と聞いて

  • ★★★ Excellent!!!

ロリっ子を純粋に楽しむ小説とは指針が違っていました。
しかしこうして、「え?」と思い、感想を書き、星もつけてしまいました。
この小説にはそれだけ物語の世界に読者を引き込む力があります。とにかく読み始めたら最後まで読むことをおすすめします。
短編でこう寒気が作り出せる小説もなかなかありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー