感想を完走したい。

作者 有澤いつき

70

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 そんな企画がこちらにあります。

 恐縮ながらレビューさせて頂きますm()m

 ネット上では表面的な文章なり映像が判断の全てになります。時には過剰な反応も起こります。
 カクヨムに評価機能は付いているものの、1作品に色々なジャンルのレビューが纏まっているものは中々無いのでは?と思います。
 人様の作品に物言いをつける格好になれば口論にも発展しかねません。それを承知でリスキーな選択を、他ユーザー様の為になればと敢えてされています。

 「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。」

 それを見事に体現されています。参考にしない手はないでしょう。

★★★ Excellent!!!

「美味しい!」
書評に付ける感想とは思えない言葉ですが、私がこの書評の良さを表すにあたり、最も適切だと思う形容詞は「美味しい」でした。
色々な味のする美味しいお菓子の詰め合わせを、ひたすらつまんでいるような。そんな幸福感と満足感があるのです。

私の作品も書評をいただいたのですが、正直、驚きました。
「読んで感想を書くよ」って言う人の中に、こんなに丁寧に作品に向き合ってくれる人がいるのか、と。
私の経験上、こういう企画って大体「企画から来ました~。今後の展開が楽しみです!応援してまーす」というコメントを、3,4話あたりで書き残す方が多く……。いつも、その義務的な対応に逆に申し訳なさを感じるばかりでした。

しかし、有澤さんは一度読むと決めた全作品に真っ直ぐ向き合っていて、それが言葉の端々から伝わってきました。観点もニュートラルなので、書評として、とても読みやすかったです。有澤さんの言葉だからこそ、本書評を最後まで読みたいと思いました。

決して「書評をいただいたから、義務的に読んだ」ではないです。
私はそういう他者の行為に今までちょっと傷ついてきた(?)ので、他人にそんなこといたしません!

2カ月の間本当にお疲れ様でした!!
ありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

企画から誕生したこの作品。内容は企画に参加した作品の書評を記したものなのですが、その内容がこれ以上ないくらいに丁寧で濃いんです。
書評は六十近く、合間に挟まれた『雑談』と称された閑話もそれなりの話数がありますが、どれも読む度に色々と考えさせられました。何かしら読んだ者に得るものを与えるこの作品は、まさに書き手にとっての『目指すべき道を指し示す標』だと思います。

★★★ Excellent!!!


そういう感じ。そういう感じがします。宝箱=個人の感想です。だって一個でも素敵なのにいくつも入ってるんです。残念ながら自分の宝箱じゃないけれど、見せてもらえるだけでわくわくときめきいます。自分も頑張ろって気合い入るんです。

あらすじのまとめ方がとても上手ですから、自分もうまくなりたいという方は是非ともこちらを参考に、真摯に作品に向き合ってみてほしいです。

★★★ Excellent!!!

ギャグの類を散りばめているわけではありませんが、面白いです。なぜならば

・フォーマットがしっかりしていて、指摘するポイントがわかりやすい。

・ともすれば散らばりがちな「感想」が、ちゃんと分析してまとめられている。

・あらすじの記載が綺麗で、どんな物語なのかわかりやすい。

・書評する側に、一本筋の通ったスタイルがある。

ですので、読む側からすれば面白そうな作品を探すガイドであり、書く側からすれば見やすい参考書のような機能を提供してくれます。

書評の対象になった各作品のあらすじだけでも、是非読んでみてはいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

ネタバレはしない。
必ず改善点を提示する。
批判はせずに、批評する。

――作者様の誠実な姿勢に、こちらも背筋が伸びる思いです。

他の方への改善点であっても、自分の作品に置き換えてみて、と考えると、とても勉強になります。

5冊ごとにはさまれる雑談も、興味深い内容ばかりです。
さらりと読めるけれども、いろいろと考えさせられます。

★★★ Excellent!!!

書評というのは大変ありがたいです。
どれだけ客観的に、と心がけていても自分が読むだけでは「うん、これ面白いわ」と自賛するだけで終わるか、はたまた「カスだ。死のう」と自虐的になるかで、結局のところ、誤字脱字をちょいちょい直すに留まったりしてしまうもので。
大変参考になります。