エピローグ「Over the Rain□□□」

 真っ白な色のない砂漠。

 その中に独り――たたずむ少年。

 銀がかった金髪/微睡むような瞳/一糸纏わぬ姿にただ一つの装飾――首から下げた糸の先にくくられた、

 右手に弓を/左手にバイオリンを構え、音色を奏でる。

 少年のかたわらにがら――翼の折れた鋼鉄の鳥。

 傷ついた灰色の翼/交差する骨組み――さながら砂の十字架。

 少年の奏でるバイオリン――朽ち果てるものへの葬送曲レクイエム

 まるで何もかも錆びついて凍りつくような冷たい音色――砂漠の熱気すら冷たく氷に閉ざされてしまいそうな、寒々しい旋律。

 ふいに雑音ノイズ/演奏が止む/少年が機械の鳥に目を向ける/感情のこもらない冷たい瞳が、音の発生源を見つける。

 赤錆びたオイルにまみれた通信機――ザーザーと砂嵐/ガガガ/ザリザリ/――出し抜けに声。

《おめでとう! 君は真実に辿り着いた。

 場違いに明るい声音/心の底から楽しそうだと言わんばかりな男の声――それを無表情に見つめる少年。

《君へのご褒美に一つ、良いことを教えてあげよう。君が砂漠に閉じ込められた背景には某国の思惑があった。某国は〝聖戦士たち〟を焼き払うため鳥の群れを遣わしたが、それだけでは足りない。地に潜った〝聖戦士たち〟を駆り立てるには、やはり兵士が必要なのだが、彼らの国は臆病でね。自分たちが傷つかないために〝砂漠の兵士〟を利用しようと考えた。だが、そこで問題があったのさ》

 割れるような雑音ノイズ――顔をしかめる少年を気にもせず、なおも通信機が喋り続ける。

《某国は門を開く代わりに、〝砂漠の兵士〟に働いてもらう予定だった。〝お前たちを懲らしめる門を開けて欲しいなら、戦え〟とね。ところがここで不味いことになった。〝砂漠の兵士〟はあろうことか、某国の敵である〝東の大国〟と密かに取引きをしていた。いま門を開いてしまうと、砂漠の黒い泉から湧き出す富が、〝東の大国〟へと流れてしまう。それは困る。そこで君の出番となった訳さ》

 驚くでもなく少年は、ただ冷めた目で無線機を見つめている。

《君の国は、もっと力が欲しかった。某国の弱みに付け込んで、進んで汚れ役を買って出た。彼らに恩を売るためにね。その役目を背負わされたのが、君さ。君というジョーカーはそれほど強いカードだった。そして君が逃げ出さないように、みんなでよってたかって鳥籠に閉じ込めたのさ。……この砂漠の鳥籠にね》

 鳥籠――その言葉に少年が反応を示す/おもむろに口を開く。

「僕は、

《私がその手助けをしよう! 願いこそ真実だ。あらゆる願いを抱く者との公正な取引きこそが、私のモットーなのだからね》

 なぜ壊れた通信機から声が聞こえるのか?/なぜこの声は少年も知らない砂漠の真実を知っているのか? 

 どちらにも関心は示さず、変わりに少年は一つたずねる。

「あなたは、オズの魔法使いなの?」

 その言葉に通信機が笑い声を上げた――壊れた楽器のように。

《いかにも。君が望むなら私は怖ろしくも偉大なオズ大王であり、どんな願いも叶えるランプの精であり、あらゆる障害を撃ち砕く魔弾の悪魔になろう! だが、願い事はなるたけ慎重に決めるのお勧めするよ。叶えられる願い事は三つ……そして願いには代償がつきまとう。さて――

 ますます激しくなる雑音ノイズ/割れるような音/狂ったような声の問いかけ――それらに少年は、心を無くした声で答える。

「僕の一つ目の願いは、砂漠から出ること。二つ目はもう砂漠に戻らないこと。そして三つ目は――」

 少年の脳裏に過ぎる、おぼろげな記憶。

 三つの願い/三つの欲しいもの/

 最後に残された/最後に見つかった――

 それが誰の言葉だったか――思い出せない相手/だが――

 鳥を殺した日――確かにを見た。

 七色に輝く光――微かに聞こえた声/どこかから届いた歌声。

 忘れられた歌――いつか聞いた少女の歌を。

 大切な女の子――約束/再会/願いが込められた――

 胸の中にザーザーと冷たいレインが降る。色あせた古いフィルムのレインのように、もはや届かない記憶のいたみ。だが/それでも――

「逢いたい人がいるんだ。大切な子が……多分、その子のことが好きだった。もうその顔も思い出せないけれど……でも――」

 ――

 果たして――その願いはどこかへ届いたのか。

 ザーザーと砂嵐――砂と雑音ノイズにまみれた砂漠を越えて。

 その声は天高く――誰も知らない空の彼方へと飲まれていった。


 そして、少年は砂漠を出る――――



  Fin & To be continued………………

  EULEN SPIEGEL 3 - Holy Week Rainbow.

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

夕映えと小鳥のメモリア‐特甲猟兵物語‐ 神城蒼馬 @sohma_k

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ