槐神霊装伝エンジュ―現代呪術戦は魔都東京にて―(#槐エンジュ)

作者 鉄機 装撃郎

ep12/36「極夜の古呪術戦」」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 決戦呪装…なんていい響きなんだ。語呂も字面も最高に格好いい!
    激しくぶつかり合う御霊と氷雨、果たして勝負の行方は…!?
    この作品、あらゆる全てで演出された、世界観と雰囲気そのものが秀逸ですね。
    本作でしか味わえぬ物語、その節々にまで「てっきイズム」が行き渡ってるきがするです!

  • む、ムササビだあああ
    御霊はムササビだあああ

  • 1面のボスがめっちゃ強い……!

    神木化“加工”が施された大砲が出てきて、いっそう今作のメカ群のバックにある技術体系の異質さが強調されてきましたねえ

  • イチイさんの古式呪術がえぐ過ぎる。10年前から研究してきた『奇蹟の人型』って、なに? 呪術なのに狂科学者で、かつ敬虔な信徒みたいな純粋さを感じる。

  • もう! 61式の砲弾を呪術で木材化するなんて! 素敵!
    当然氷雨の振るう古代の呪術も恐ろしいのですが、だからこそ
    幻也さんがその手に取る現代呪術の頼もしさが胸に来る……!

  •  敵のテンションも被害の大きさも目まぐるしいハイスピードバトルも何もかもがエスカレートしていきますね! 圧巻です!!

  • 鳥居の使い方が完璧で思わず手を叩きました。
    けれど後になって、氷雨が鳥居を使っているのではなく、氷雨自体が鳥居なのだとしたら、その背後には──と考えるに至って、いま戦慄が隠せないでいます。