セリフ集 101〜200

101.私のせいで彼は……。彼は私の身代わりになったの。……ごめんなさい。私のせいで……。


102.君が幸せならそれでいい。そう思っていたはずなのに……。何故だろう、こんな気持ちになるのは。


103.あ〜ら! 可愛いボウヤ♡うぅん、何を教えて欲しいの? アタシが教えてア・ゲ・ル♡


104.くそっ! 〇〇を返せ! 〇〇は俺のもんだ! 誰にも渡さねえ……!


105.うふふふふ……あの人、大分まいってきてるみたい……。監視を初めて10日……弱ってきてるあの人も素敵……。うふふふふ……うふふふふふ……。


106.どういうことだ? 兵を出せないだと……ふざけるな! 我々は国民を守ることが使命ではないのか! 今出さなければ……そうでなければ、何のための兵たちだ!


107.こういうこと言うのって良くないかもしれないけど……気持ち悪い、死んで。


108.君、しつこいからなんか嫌になっちゃってさあ……。だからつい、殺したくなっちゃったんだ。ごめんね?


109.いやいやいや! おかしいでしょ! どうしてあたしがこんなヒラヒラなワンピース着ないといけないのよ! ふざけないで!


110.辛いことがあったなら……僕が慰めてあげる。ひどいなあ、これでも悩みとか聞くの、うまいんだよ?


111.いらっしゃいませ。木苺カフェへようこそ。こんなところにお店があるの、よく分かりましたね。さて、苺タルトはいかがですか?


112.やだ! 絶対やだ! お姉ちゃんと一緒がいい! 何で一緒じゃだめなの〜!


113.俺の仲間は……お前を倒すために散っていった。もう、俺だけなんだよ! だから俺は、絶対にお前を倒す! そうでなきゃ、皆が死んでいった理由にならねえ!


114.こ、こういう時になんて言えばいいか分からないけど……その気持ちは嬉しい……です。私も君のこと……好き……かも。


115.あーあ。皆楽しそうにしてるねえ。これからここが台無しにされるってのも……知らないで。


116.わたくし、一度だけこの木に登ってみたんですわ。そしたらそこから見た景色は思った以上に雄大で……。素敵でしたわ。


117.妬ましい、恨めしい、憎い……。今私の心を埋めるのはそればかりだ。この思いを晴らすには、アイツに打ち勝つ、それ以外に無い。


118.わ〜すごい! おじさん、こんなこともできるんだ! ねえねえ、もう一回やって!


119.分かってくれ。君はもう、死んだんだ。そこにあるのは……君の、抜け殻でしかない。


120.……だから……きだよって……。もう、何回言わせるの!  だから……好きだよって。


121.やめてよ! あなたは……強くないんだから。ついてこないで。あなたは弱い。……迷惑なの。


122.さあ、ご覧よ! この祭り最後の、最大のカーニバルだ! ほら、僕の手を取って。一番きれいな場所で見せてあげるよ。


123.泣いてねーよ! ……こっち見んなって! だから泣いてねーっつってんだろ! ……頼むから、見ないでくれよ。


124.ようこそお客様! こちらは人生に迷った方が辿り着く館でございます。さあさ、こちらへ。お客様はどんな心模様をなさっているのでしょうね……。


125.決めた! 俺、ユーチューバーになる! 止めないでくれ、俺はこの道で、天下取るんだ!


126.あーあ、彼女欲しいなあ。理想はやっぱ清楚系で、料理の上手い子? もちろん可愛いって条件は、外せないなあ〜!


127.ねえ、いつまで寝てるの? ほら、起きた起きた! いつまでも私が君のことお世話できるんじゃないんだからね! もう、しっかりしてよ!


128.僕も、いつかお兄ちゃんみたいになってみせるんだ! お兄ちゃんはすごいんだよ! かっこよくて優しくて何でもできるんだ!


129.技術力的にはまあまあじゃない? あとはまあ、センスだよね。光る逸材ってわけではないけど、頑張ればそれなりにはなれるんじゃない?


130.オーケー、君の気持ちは分かった。だからそのナイフをしまおうか。確かに浮気はよくないよね。君の気持ちをぎゃああっ!


131.そこの彼女! 俺と一緒にお茶でもどう? ほら、そんな顔しないで。可愛い顔が台無しだよ?


132.お、おはようございます……。すみません、寝坊しました……。ちょ、ちょっと昨日夜更かししてて……。


133.お菓子だーい好き♪私が満足するまでくれなきゃ、ひどーいお仕置きが待ってるんだから!


134.すみません、つい、可愛くて……キスしちゃいました。もう一度しちゃ……ダメですか……?


135.君のことをずっと待ってたんだ! いつか会えるって、そう信じてた! 覚えて……ないかい……?


136.夢ならば良かったのに。そう、何度思っただろう。しかし目の前に広がる現実は、残酷なまでに鮮やかだった。


137.出ておいでぇ、怖くないよ。痛くないように殺してあげるからね。あ、みぃつけた! ふふ……あははははは!


138.私はあなたみたいに善人なんかじゃない! 私は……親の仇を取るため、憎しみにまみれて手を汚した、ただの人殺しよ!


139.私が、君をこの暗闇から救い出してみせる。だから待っていて。次に会うときは、二人で光の中だ。


140.強くなりたい……強くなりたい! 何で僕はこんなに弱いんだよ! たった一人の家族すら守れないで……何が選ばれた子どもだよ!


141.あの人の手に触れ、一緒に踊れたらどんなに幸せかしら。あん、もう。笑わないで! 夢を見るくらい自由でしょ?


142.きっと彼は、優しすぎたんだ。あんなにボロボロにされても、あの子の手を離すことはできなかった。無理にでも、私が引き離すべきだった……。


143.おいおい、喧嘩かあ? 俺も混ぜろよ。この味気ない夜に、喧嘩っつー派手な華を咲かせてやろうぜ?


144.まだ寝ない……寝ないもん……。やだあ、寝ない……。もうちょっとお喋りしてようよぅ……。


145.えー、分かるそれマジ辛い。うんうんヤバたん。そういうのマジないわって感じー。


146.ほらひろし! ちゃんと挨拶なさい。ごめんなさいね。この子、恥ずかしがり屋で……。


147.きっと〇〇は来る! お前なんかに、負けないんだからな! 


148.この剣をやろう。その塔には、この剣が無いと入れない……。どういうことかって? まあ、行けば分かるさ。


149.お願いします! 私、ここに閉じ込められてて……! 助けてくださったら何でもします! だからお願い……ここから出して!


150.私には……やるべきことがあるのです。だから、こんなところでつまずいているわけには行きませんわね。見ててください。きっとやり遂げてみせますわ……。


151.黙って見てろ。確かに無理に見えるかもしれんがな。あいつは信念を曲げたりしない。そしてその信念に従った時のあいつは……強いぞ。


152.前方に敵を確認! 各員位置につけ! ……よおし、お前たちの全力を、奴らに見せつけてやれ!


153.どんなに頑張っても、超えられない壁ってのはある……。それでも諦めることもできず、そこで亡霊のように止まってしまったのが僕たちだ。


154.何なのアイツ。めっちゃ偉そうなんだけど。めっちゃウザい。ムシしよ、ムシ。


155.馬鹿野郎! こんな企画、通るわけねえだろ! もっとマシなもの考えろよ、本当使えねーなお前は!


156.やぁだ、汚い。ふふっ。……何その目? 何か文句あるの? また雑巾汁かけるわよ? そうそう、素直にそうしてればいいのよ。


157.すごい! こんなにドレスやアクセサリーがあって……。ほ、ほんとにこれ、全部私が使っていいの!?


158.かまってほしいけど……。ご主人様は忙しいんだ。そんなこと、言えるわけないだろっ!


159.あーあー! やる気無くしたー! 誰かさんのせいでやる気無くしたー! ほんと最悪! あーあー!


160.他人から見りゃ馬鹿みたいに見えるかもしれないがな。これは俺のポリシーなんだ。そう簡単に曲げられやしねえ。


161.あなたに、まだ見たことない世界を見せてあげる。ワン、ツー、スリー! ほら、目を開けてごらん。目を開けたら、そこは新しい世界だ!


162.……悔しいんだ。悔しくて悔しくて、眠れない。……それだけだよ。いいからもう、ほっといてくれ……!


163.辛い? 君がそれを言うの? 言っとくけど、彼の方がもっともっと辛かった……。その程度で、辛いなんてこぼすんじゃねぇよ!


164.あなたともう一度会うためなら、どんなところでも行ってみせるわ。だから待っていてね……。きっと見つけ出してみせる。


165.この国に救世主は現れなかった。その末に滅びた、悲しい王国……。語り継がれることもなく、歴史からすら忘れ去られてしまったこの国の跡地に、何の用?


166.俺は今まで、ずっと逃げてきた。だけど分かるんだ。今だけは、絶対に逃げちゃいけねえって!


167.まだ待ってたのか? ……どれだけ待ったって、アイツは来ねえよ。アイツはお前のことなんてこれっぽっちも想ってねえんだ。……だからさ、だから…………俺じゃ……ああクソ、何でもねぇよ。


168.きっとあなたなら分かってくれる! だってあなたと私は同じだから! そうでしょう!? ねえ、逃げてないでちゃんと向かい合ってよ!


169.君が言わないなら、私が言う! あんたねえ、威張りすぎなの! いい加減そこどきなさいよ! 皆が困ってるでしょ!?


170.……ごちそうさま。……なに。別に熱なんてないよ。ちょっと、本当に大丈夫だから。……学校、いってきます。


171.君は弱いか雑魚かで言えば、雑魚かな。いやいや、雑魚だよ。自覚ないの? だから、雑魚、モブ、かませ犬。


172.懐かしいメロディーだね。これは、私と妻の思い出の曲だよ。出会ったばかりの頃のことを思い出すなあ。


173.猫が喋るなんて、思ってなかったかにゃ? にゃはは、ビックリしすぎだにゃあ!


174.私は女王。何者にも負けない。私を喰らおうとする者全て、逆に喰らい尽くしてやるわ!


175.ウガアアアア! 人間、来ルナ! ココハ俺タチノ土地ダ! 帰レ!


176.君……僕が怖くないのかい? 村の人たちは皆、僕を呪われた存在だって言って、近寄らないのに……。やめてくれよ、優しい言葉をかけないでおくれ。……泣きそうになってしまうから。


177.あら〜良い男! どう、遊んでいかない? ええ〜!? つまんないの! でも、いつでも待ってるわよ♪


178.うっほう! 良い女だな! どうだい、おれっちとちょっとお茶でも……いってぇ! なんでぇなんでぇ! いきなりビンタしやがった! いいよもう、あんなアバズレ!


179.ははっ! そうだ、それでいい! さあバトルを続けようぜ! もっと、俺を楽しませてくれよ……!


180.あなた……後ろに悪霊が憑いていますよ。でも大丈夫。このブレスレットを買えば、悪霊はあなたに近付けません。ちなみにひとつ三万円です。


181.黒猫のように闇に紛れ、そして黒猫のようにしなやかに。怪盗〇〇、参上!


182.絶望したって何も変わらないわ。なら、希望を抱いていた方がいいでしょう。ね。さあ、顔をあげて! 


183.望むところよ! 全員、こてんぱんにしてやるわ! さあ、かかってきなさい!


184.お願いだ……僕と一緒に逃げてくれ! 絶対に後悔させない。絶対に、君を幸せにしてみせるから……! 


185.あらあら、こんなところで寝て。仕方ない人……。ほら、寝床に行きましょう。支えてあげますから……。


186.良かった……生きてた。生きてたんだね……! 君を失ったかと思って、僕は、僕は……! 


187.なぞなぞですよ。お嬢様。……ふふ、それが分かるまで、本日のデザートはお預けです。


188.ぐぁははははは! お天道様も恐れた最強の〇〇といえば、この俺様のことだ! 貴様も俺様に出会ったのが運の尽き。さあ、死んでもらおうか! 


189.あなた、残酷なこと言うわね〜! イケメンが好み!? このブサメンの前でよくそんなこと言えたものね! その無神経さにビックリよ!


190.うう、気持ち悪……オエッ。い、いや大丈夫。ちょっと嗚咽が出ただけゥオエエッ。ほ、本当に大丈夫だから……。


191.ガオオオオオ! ふう、外の奴らを追い払うのも楽じゃないぜ。にしても熊の毛皮で、こんなにも騙されるもんかねえ?


192.ううん。いい……。私は、あの人が帰ってくるまでここで待ってる。何年でも、何十年でも……。


193.私の邪魔をするのはあなた……? どうして? 私は愛しいこの人と一緒にいたいだけなのに……。……邪魔しないでよ……。邪魔、するなぁっ!


194.夏の空に向かって叫んだあの日。夕暮れに泣いたあの日。青春の日々は、どれだけ走っても辿り着かない。だからこんなにも、狂おしいほど愛おしい。


195.君が、妖精……? わっとと! こ、攻撃しないで! 僕は君を傷付けに来たんじゃ……、わあっ!


196.随分と私も年をとったねえ。そうだよ。あの日、君を助けたのは私だよ。それにしても、縁ってのは不思議なもんだね。またこうして巡り会わせてくれるなんて……。


197.僕は笑わない。君を救うまで。僕は泣かない。奴を倒すまで。僕は言わない。本当の想いを。


198.何故だ、何故わしの言う通りにせん! わしの言うことさえ聞いていれば、必ずや勝利を掴めるというのに! 何故誰も付いてこない!


199.あらやだ、アタシに何か用? うぅん、そうよ。情報屋の〇〇といえば、ア・タ・シ♡料金は、良い男からのキッスよ♡うふん♡


200.聞こえないのか! 撤退しろ! 撤退しろと言っているんだ! 無駄死には、馬鹿がやることだぞ! おい!

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ふさふさセリフ集 藤滝莉多 @snow_bell

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ