あなたのいちばんでいたいから

作者 藤浪保

25

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

実は俺、途中から読めなくなりました。

ああ、俺もこんな女の子の世界に生きたかった。

もうすっごい、なんだろね、なにこの甘い世界わ!!

俺ショックで、自分が今生きてる世界を呪ったぞ。

もうちょっと肝心なシーンをよろ。

〜追記〜

同じ世界に生きてる同じ人間と思えん。
百合の威力すげー。
俺には書けない。こんな「甘〜い世界」に藤浪くん住んでんの?
全く羨ましい。俺、癒される前に怖くなって逃げ出した。
自分の世界と違いすぎると、怖くなるんだな。


===
俺ね、今、結局全部読んだ。

すごいね、素晴らしい。素晴らしいツンデレ。
俺の中で殿堂入り。俺、自分の周りにツンデレないから、ほんとね…
(ツンデレって書いたら、違うって言われそうだな)

でも面白いね、可愛く見える中の凶暴性が、なんか「男性性」を垣間見せる。

ひらがなタイトルも秀逸だね。

★★★ Excellent!!!

いや、物語の文章が表現力に満ち溢れていたから、レビューも格好良い感じにしよう思ったのだけど、上手くいかなかったパターンですね。


それにしてもこの物語は、純愛なのか、愛憎なのか、悲恋なのか、僕には分かりませんでした。

きっと純愛であり、愛憎であり、悲恋なのかもしれません。

短編ですが、ウイスキーをロックで飲んだ様な読み応えがあります。どうぞ皆様も、百合の世界にどっぷりと浸り、サキとナナの物語を、お楽しみ下さい。