かっぱの彼方さん

作者 たかぱし かげる

27

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

オチに驚きたければ、ちゃんと初めからとばさず読め。

内容だけなら三話ずつくらい飛ばしながら読んでも充分に把握できる物語なのだが、世界に触れれば触れるほど、オチで陥ちる。

すべてはオチのために。
スルメのように、かめばかむほど味の出る物語。

間違っても最後から読むような愚行は犯すなよ?

★★★ Excellent!!!

 カッパが世界を救うという設定から3話目のざっくり感。なんでもありな小説です。ただそれでいて破綻していない。そこには確たる構成が成り立っている上で作者様が好きなように、気の赴くままに進んでいくからこの作品ののんびりとした雰囲気がより際立って感じられる。毎話毎のサブタイトルも面白い。様々な要素が詰め込まれたガシャポンのような小説。最後まで一気読みしてしまうこと間違いなし!

★★★ Excellent!!!

 体長15cmの「かっぱ」が忽然と風呂場に現れ
「お前が俺を召喚したこの世界の王か?」
 と訊いてくる第1話だけで
「合格」
 としかいいようがないわけですが(何が?)、恐ろしいことに今のところ小説すべてがこの空気感で突っ走ってます。
 無駄に酒浸りだわ無駄に好色だわでいろいろと始末のつけようのない珍生物との無駄に生活臭あふれる無駄のない洗練された四畳半系ユートピア、とでも評しましょうか……登場するスーパーマーケットの名前をググりたくなる読み物とか人生初なのでめちゃ混乱してます……
 最大限に美的な意味で、全身の関節が脱臼しそうなモノを読みたい方はぜひ。第3話とかアリなんすかこれ???

★★★ Excellent!!!

ある日、会社員の主人公・和真のお風呂に召喚されたのは、身長15センチのかっぱの勇者。

彼方と名乗った勇者は、魔王を倒すまで、元の世界に帰ることができないらしく、そのまま居候となり……。

和真と彼方さんのやりとりがほのぼのしていて、癒されます。

中身は酒好き、ツマミ系大好きな食いしん坊勇者様なのに、どうしてこんなに可愛いのか。不思議です。

ぜひお読みになって、勇者様の可愛さ、二人のやりとりに癒されてください(*´▽`*)