「秋山が立たされた理由」欄のある学級日誌 9.5冊目!

作者 如月 仁成

24

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

おなじみ『秋立』シリーズも9.5冊目。
(実冊数は??)

こちらもおなじみの幼馴染コンビが大都会トーキョーへ乗り込みます。
東京駅迷路やほっこり新宿にメイド秋葉原など、日替わりでふたりなりのトーキョーを満喫していると思ったら……。

後半はなにやら某アニメのテーマソングが聴こえてきそうな展開になります。

~ 劇場版『秋立』 真夜中のチェイサー ~
なぁんてタイトルはいかがでしょう。
でもね、サブタイトルは

゛ハードボイルドって「固ゆで」って意味なの゛

こんなかな?

そうそう、『秋立』学園は新学期が始まっています🏫

★★★ Excellent!!!

帝都からのメッセージ、それはこちらの情報が全て筒抜けであることを示していた。すでに彼女の任務は失敗していたのだ。

身の危険を顧みず、帝都に乗り込む穂咲と道久。だが、彼らを助けるはずのレジスタンスの中に、すでに裏切り者がいた。彼らは果たして穂咲の母を救い出し、無事に帝都から脱出することができるのか?そして、真の敵の存在とは?

道久のスタンドが繰り出す、愛のチョップが唸りをあげる第9.5段!なの

★★★ Excellent!!!

~春休みはハードボイルドに~

年度末悩みまくった問題も解決して、のんびり東京観光。
と、思いきや。
そうは問屋が卸しません。

思いがけない再会。
華やかな都会の裏側に在る闇。
巻き込まれた犯罪。
冷たい大都会で出会った恩師の情。
警察までも敵なのか!?
大切なものを守るため、頼れるのは己の足ひとつ。
迫り来る美しい悪魔に道久は勝てるのか?
愛しいもののため、彼は走り続ける――

さあ。
あなたも劇場に走れ!