フレイオルタ正典

作者 葉桜真琴

夜空の下、星明りで読む神話

  • ★★★ Excellent!!!

それは文明の原初に作られる物語だ。
世にある万象の理由を語るために『神話』は生まれた。そして、ここにも人々の営みの礎にして起源、やがて聖書として祭られる伝承が、一から構築されている。

本書を開いた先にあるのは、ある世界の創生記録。しかし、今を生きる者にも通じる、大いなる葛藤と知見がある。

読み耽る私たちの頭上にて、今宵も星々は燦然と輝く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

マルハナさんの他のおすすめレビュー 16