第5話 勘違い

「もういい、そのスマホをよこせ!!」


 俺は、死神からスマホを取り上げ写真とつぶやきを消した。その後、死神が返して欲しそうな目でこっちを見て来たので、仕方なくスマホを返してやった。今更だが、死神もスマホ使うんだな。


「これから、どうするの?」


「そうだな。とにかく、山を越えて隣町に行こうと思ってる。ところで、この洞窟の先は隣町かどこかに通じてるのか?」


「通じてるよー」


「よし、この洞窟を抜けて隣町まで行くとしよう」


 俺が、そう言って洞窟の先まで歩みかけた時だ。死神が一言付け加えた。


「死の世界に」


「おい、それを先に言え!!危うく、死の世界に直行するところだっただろ」


「君は生きることを選択するんだね」


「当たり前だ。俺は、別に死にたかねーよ」


「分かったよー。じゃあ、洞窟を出て、町の交番まで行くと生きられるよ」


「交番まで、行かそうとするんじゃねーよ。洞窟を出るだけでいいんだな」


「イエス」


「そうか。なら、ささっと、この洞窟から出るぜ」


 こいつとも、これでおさらばだ。

 俺は暗闇の中を歩いて、洞窟の外まで出た。曇り空ではあるが、雨は降り止んでいた。雨の中を駆け抜けていくのは大変だと思っていたのだ。雨が止んでくれてほんとに良かった。

 山の坂道を下っている途中、盗んだ宝石をもう一度見ようと、辺りに人がいないことを確認して箱の中から取り出した。


 宝石は、ダイヤモンド。自然界で最も堅い宝石。とても美しい。


 と、宝石の美しさに見とれて歩いていると、雨で濡れた地面に足を滑らせ転んでしまった。その拍子に手に持っていた宝石が地面に落ちて、粉々に砕けた。


 ダイヤモンドがこんなに簡単に砕けるはずがない。どういうことだ、これは。まさか、あの死神、偽物とすり替えたんじゃ。そうにちがいない。


 俺は急いで死神のいる洞窟まで行ったのだが、洞窟はすでになくなっていた。あいつ、やっぱり死神だったのか。てか、俺の盗んだ宝石回収できないじゃないか。

 俺は、落ち込みながら山の坂道を下り町に出た。すると、パトカーのサイレンの音が聞こえてきた。一瞬、俺を探し回っているのかと思ったが、どうやら、そうではなさそうだった。

 サイレンの音は、俺が盗みに入った宝石店の方から聞こえてきた。気になって、宝石店の近くまで行くと、店の周りには何台かパトカーが止まっていて複数の警察官が立っていた。


 これは一体、どういうことなんだ。これじゃあまるで店が何か不祥事を起こしたみたいじゃないか。


 しばらくすると、店の扉が開き、店主が手錠をかけられた状態で出てきて、パトカーに乗せられると、どこかに行ってしまった。思わず、俺は立っている警察官に話しかけた。


「あのー、これは一体何の騒ぎですか?」


 警察官は、持っていた書類に目を通しながら言った。


「ああ、これかい。どうやら、ここの店で偽物の宝石を売り出してたらしくって、数億円もの被害が出たんだそうだ。それで、店主を捕まえに来たんだよ」


「そうなんですか。ええー」


 俺は、偽物の宝石を盗んでいたのか。死神が偽物にすり替えられた訳ではなかったんだな。


「てっ、君、その格好、強盗犯じゃないのか!!」


 警察官は、俺の服装を見て驚いた様子で言った。

 あっ!?しまった。服装が強盗に入った時のままだった。


「ち、違いますよ!!」


 俺は両手を振りながら、あわてて、否定した。


「じゃあ、何だというんだ?」


「仮装パーティーに行こうと思って......」


「そんな訳ないだろ!!署まで行ってもらおうか」


「ですよね」


 俺は、警察官に連れられ、パトカーに乗った。パトカーの背もたれに持たれるとため息をついた。


 はぁ~、これからひとの物盗むのやめよ。死神も、勝手にひとのもの盗まない方がいいと思うぜ。















「う、う~。おじさんのポテチ、賞味期限三年以上過ぎてた。お、お腹が痛い。死にそう」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

死神さんと誰かさん 東雲一 @sharpen12

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画