仮想通貨ビットコインの暴落

作者 七度柚希

ビットコインの衝撃

  • ★★★ Excellent!!!

僕も仮想通貨(暗号通貨の方が正しいらしいが)に出会って、人生変わってきた感じだが、2017年のビットコインの上昇は凄まじかった。
10万→240万ぐらいまで行ったので、実に24倍である。
億り人(資産一億を超える人達)も続出した年だった。

85万→48万、240万→140万暴落も凄かったが、昨年12月の先物取引市場上場までは価格の回復も早かった。

先物は価格の安定が目的なのだが、悪用される場合も多く、中央銀行システムで世界支配をしている国際金融資本によって、ビットコインの価格は故意に安くされている。

通貨発行権を掌握して世界支配している中央銀行システムにとって、暗号通貨に彼らの商売である株式などから資金流れては困るのだ。通貨発行権の独占も崩れてしまう。

ビットコインに先物という楔を打ち込み他のアルトコイン(その他のコインという意味)の価格もコントロールするのが彼らの狙いである。アルトコインはビットコイン建てで価格が連動すると言われている。
世界的な規制なども中央銀行からアナウンスされてるのがその証拠である。

ビットコインの価格が上がって(時に暴落するが回復も早い)困る人は国際金融資本だけなのだが、韓国人などの熱狂は凄まじく、規制し過ぎると政府がひっくりかえって、暗号通貨やってる北朝鮮が朝鮮半島を統一しかねない。

暗号通貨の先進国だった中国も全面禁止に近いが、国外のカナダやヨーロッパに拠点を移し、香港の取引所などは世界最大規模になっている。世界最大の取引量を誇る取引所BINANCEは日本進出も視野に入れている。

話は長くなったが、まだ一話目だが、作者はビットコインにこだわる理由を是非、知りたいものだ。

僕は小額から億り人になりやすい草コインXPとか好きなのだが。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

坂崎文明さんの他のおすすめレビュー 64