セカンドバベルの下で

作者 椚屋

星三つでは足りない、サイバーパンクの極致!

  • ★★★ Excellent!!!

 ここまでレベルの高い作品は他に類を見ません。

 世界観の完成度が圧倒的に高く、細部まで組み上げられた設定だけで引きずり込まれます。
 登場人物は敵味方ともに個性の塊。ここまでキャラクター全員が立っている作品はそうお目にかかれません。
 次々出てくる兵器や技術は、これぞサイバーパンクと目を奪われるものばかり。活字から近未来の映像が流れ込んでくるようです。

 絡み合うそれぞれの思惑、息をつかせぬ展開、実際に見たのかと思わせるアクションシーンの描写など、これでもかと言うほど楽しませてくれる要素が盛りだくさん。
 それでいて作中に描かれる『父と娘の絆』は決してブレることなく、テーマとして一貫している。物語を作るうえでも、学ぶべき要素が詰まっています。

 読まなければ絶対に損!
 声を大にして言える作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

竹鋸椎武さんの他のおすすめレビュー 34