木元のカクヨムさんでの生態記録

作者 鼻の穴と耳の穴にお箸を突っ込んで踊ろう

43

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まず、最初にお断りしておくと、作者様の小説に対する視線は、とても真摯で熱心です。

ですが……。ダメです、読んでいるとどうにも笑いがこらえきれなくなります。
素の文章がこんなに面白いなんてズル……いえ、羨ましいです!

書き手であるなら、作者様の熱心さにふれているうちに、きっと小説を頑張りたい気持ちになるはず。

読み手さんでも十二分に面白い内容ですので、書き手さんも読み手さんも、ぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

拝読して最初に思ったのは、「私がカクヨムに登録したとき、このエッセイがあればなぁ!」ということでした。

カクヨムでも、いろんな作者様が『創作論』や「こうやったらPVがあがるんじゃないか」というようなお話をされていますが……。

この作者様。
体を張って、それを実行されました(笑)
どのように、体を張ったのかは、読んでからのお楽しみ。
ちなみに、周囲に他人がいるときに読んではいけません。爆笑必至。

その試行錯誤も大変興味深いのですが、気風の良いご本人の性格や、威勢の良い啖呵に圧倒されます。

私はなんとなく『カクヨム』のユーザーになったのですが、他の小説投稿サイトを知っておられる作者様から見た『カクヨム』というものも知ることができ、大変勉強になりました。

今後も、更新を追わせていただきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

木元様のカクヨムでの活動報告がみっちりと詰まっていました。
特に印象に残ったのはペンネームについてですね。

私も物語にいるキャラとprojectをかけて、ペンネームを使っていますがあまり影響がないのだろうと、全く視野に入れてませんでした。(焦笑)
長く使ってますし後悔はありませんが、面白さや印象あるペンネームにしようと思わなかった自分にチョップしましたw

フォロー数やレビューについても、あまり深く考えていませんでしたが、参考にさせていただきます!

★★★ Excellent!!!

特に「ペンネームに気を付けましょう。」あたりから、
「マジだな。」と思います。マジだなってなんだろう。


お腹のあたりにガツンとくる文章と内容の面白さ。当たり前のように面白いんです、そうなんです。


エッセイが好きな人は一度読んでほしい!
続きを楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

 このエッセイには、いちWEB小説家が見た『カクヨム』の現実とその問題が浮き彫りにされています。筆者が指摘する通り、いまのカクヨムは制度として様々な問題が表面化しており、その騒動をユーザーが直接、作品として表明したことも記憶に新しいです。
 そして作品中、わたしがもっとも同意した事柄は『カクヨムはレビューが難しい』という指摘でした。著者が言う通り、カクヨムにおけるレビューとは第三者に向けた広告であり、キャッチコピーなのです。
 誰かが描いた作品をネタバレしないよう配慮しつつ、その面白さを上手に伝える。プロの編集者でも頭を悩ませるような仕事をアマチュアがそうやすやすとこなせるはずがありません。そうした問題点を本作は切れ味鋭い文章で巧みに浮かび上がらせていると感じられました。
 さらに、一投稿者がコンテストの順位に一喜一憂し、他人から見ると、「なぜ、そこまで?」と思ってしまうような手法を考え実践し、その過程を余すことなく書き綴っている様子は面白くもあり、必死であるからこそのリアルが文章から伝わってきます。
『カクヨムは投稿者にとって、夢多き新天地であるのか地獄であるのか?』
 そのひとつの答えとなっているのが本エッセイであると思いました。
 読者よりも筆者の方が七転八倒のエッセイをぜひご覧ください。

★★★ Excellent!!!

初回レビューをした後、作者さんの勢いはさらに増し、とても面白いエッセイとなっています! 少なくとも、「特大号」までは読んでみることをお勧めします!!

-----------

初回レビュー
「レビュワーあるある」
みんながこういう気持ちでレビューを書いたら平和でさらに楽しいカクヨムになるなと、読んで心穏やかになりました。