リーンカーネーション・ブレイブ~勇者に転生したけど、一人じゃ動けないんです~

作者 甘味亭太丸

36

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 勇者…それは特定の年代の男子にとっては、RPGの主人公。そして、主人公と心を通わすロボット!そう、90年台はまさに勇者ロボ全盛期だった。そんな時代に勇気と愛と友情を知って、そして俺達は今を生きる!だから、転生勇者が勇者ロボでも全く問題ないッッッッッ!いわゆるガンダムやマジンガーZのような、搭乗タイプのロボではない、意志あるトランスフォーマー等のロボット。人類の相棒足り得る存在を、日本の伝統あるロボット創作文化は「勇者」と呼んだ!さあ、移植の勇者の戦いを目撃せよ!

★★★ Excellent!!!

 小さい頃に夢中で見たアニメに「小学生の主人公が異世界へと渡り、言葉を話すロボットに乗って戦う」というものがありました。

 その「自我を持ちながら子供に操縦してもらわねば戦えないロボット」はどんな気持ちだろうと考えたことがあります。

 自分だけでは戦えなくて、悔しかったんじゃないか。
 子供を戦わせることが、情けなかったんじゃないか。

 想像はしても、それがどんな気持ちなのかまでは実感できませんでした――それがまさか、実感できる日が来ようとは。

 この作品では異世界に渡った主人公がロボットに乗るのではなく、異世界に転生した主人公自身が言葉を話すロボットになり、現地の小学生相当の歳の少女を乗せて戦うことになります。

 最強の力を持ちながら、少女を頼らねば動けぬ身の歯がゆいこと!

 元が現実世界の人間なので「子供を乗せるロボット」となった彼にすっと感情移入でき、その心情がありありと伝わってきました。

 かつて見た大好きな作品を、思いもよらなかった別の角度から見て、新たな面白さが開拓される――私は今、不思議な感動と感慨に包まれています。

 ロボットに転生してしまった現代人と、彼に乗って戦う異世界の少女。2人が今後、どのような関係を築きながら戦っていくのか、とても期待しています!

★★★ Excellent!!!

 異世界に転生した主人公は神の力を与えられた――ただしコントロールは幼女にまかせる!

 出オチ感ある字面ですが、実際はというと往年の勇者的ロボットシリーズを踏襲した王道RPG風ロボットものと言えます。土曜の夕方です。

 常日頃から「俺はなぁ、少年少女×喋るロボットさえあれば宇宙空間に放り出されても生きていけるンだ」と豪語される諸兄に是非ともオススメ。