アラフォーのブスが行ってみたいトコ行ってみた。

作者 ちょわ子

60

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

きわどいところまで書かれているのに不快さが無いのが素晴らしいです。女性が恥ずかしい事を堂々と書くエッセイは多々ありますが、この作品はそれだけではなく情景、状況も細かく書いてあるため面白いだけでなく参考にもなります。

こういうエッセイやルポ系は作者をデフォルメし過ぎてしまっている物をよく見かけますが、こちらの作品は程よい感じなので作者の主観をもっと読みたいと思いました。


現在、脱毛編まで読んでいるレビューです。

★★★ Excellent!!!

文章がすばらしい。
閊(つか)えることなく、一気にすらすらと読める(内容で立ち止まってしまうかもしれないが)。

「ブス パイパンになる」というなかなかのパワーワードが出てくるが、おそらく、生涯で二度とお目にかかることはないだろう。

下ネタ(?)が苦手な人でも、文章に「引きずられて」最後まで楽しく読めるように思う。
責任はとれないけど。

★★ Very Good!!

心は錦? ……と言い切ってしまうのは、少々大げさか。

でも、もう年齢的に少女ではなくとも、身だしなみを気にするくらいの乙女心はある。
また、収入が低いと感じていても、自分がやりたいことのためにウン十万円を支払う勇気はある。

なので、著者の心がとても善意に溢れて美しいかは分からないが、文章から判断するに、少なくともあまり悪意はなさそうだ。
うん、それなら「私はブスですが、心は綺麗ですっ!」って自己紹介してもいいんじゃね? 
それで初対面の人に引かれても責任は持てないけれども。

……そうして開き直った人ほど恐ろしいものはない。何せ失うものがないのだから。
もう引き返せないし、引き返せない。時計の針とお肌のハリは、戻らない。
だったら前に出るしかない。
さて、これからどうなるのやら。
とある『自称ブス』の、これ以上後に引けない体験談。