そして世界は勇者によって歪められていた

作者 あきのななぐさ

26

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 冒頭、数話を読んだ印象はこうだった。
「情景はねっとり、状況はふんわり」
 どうやら読者に知らせるつもりがなさそうだ、と。
 更に読み進めて思う。
 これは状況の余白を読者の想像の余地にして引き込んでいるのだ。
 話が進めば、余白は埋められていく。ただ、新たな余白も増えていく。
 これはその余白を用いた読ませるテクニックなのだ。

 読めば分かる。
 そして、気付く。
 完全に引き込まれたと。

★★★ Excellent!!!

なんという作品なんだろう......知恵の輪みたいな作品というか、プリズムみたいなというか。よくある異世界ものとは全然違う、最初の1話はよくある異世界だけどその後が、謎が謎を呼んでいます!
これはこの先がとっても楽しみ!