月の白さを知りてまどろむ

作者 藤村 由紀

270

94人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今まで読んだ恋愛ファンタジーでも群を抜いて面白いです。
もう何度も読んでいます。
ボリュームのある作品なのですが、読みやすい文章とどんどん引き込まれていくストーリーに疲れる事も飽きる事もなく読めてしまいます。
ちょこちょこキュンとさせられて、恋愛ファンタジー好きにはたまりません。
これからもとっても楽しみにしている作品です。

★★★ Excellent!!!

巫女の少女と化生斬りの青年が織りなす和風ファンタジーです。

そもそも和風な物語というのはかなり数が少ないように感じます。
この作品はその中でも美しい描写と読みやすい文章で様々な方におすすめできるのではないかと思います。

この方の作品に共通する要素かもしれませんが、ヒロインが只主人公の恋人に甘んじる訳ではなく、もう一人の主人公として生きていくところが個人的に好きなところです。

舞台アイリーデのもつ独特な雰囲気、人と神の間で生きていく人々の姿を是非感じて欲しいと思います。

★★★ Excellent!!!

古き神との契約によって成り立つ娼街、アイリーデ。邪な人外も欲望も惹きつけてやまない街を仕切るのは若干17歳のヒロイン、生涯にたった一人の客を選ぶ存在である「聖娼」サァリは、人外と戦う「化成切り」の新米戦士シシュの裏表ない実直な性格に惹かれ、神や人外との壮絶な闘いに巻き込まれ運命に翻弄されつつも互いへの恋慕を実らせていく…。

作品全体に通奏低温で流れる上品な和の雰囲気、想像力を掻き立てる情景描写、テンポよく進むストーリー、感情移入を禁じ得ないキャラクターと飽きさせない展開。地文も驚くほどストレスフリーでサクサク読めます。ボリュームもたっぷり。
これはぜひぜひ単行本化してほしい長編ハイファンタジーの大作です!

個人的にはアイドが大好きです。

(165話まで読了)